あなたの仕事は大丈夫?増税の影響が大きそうな職種・業種ランキング

消費税増税によって自身の仕事に影響があるかどうかをビジネスパーソン5000人に聞き、職種別に「影響がある」と回答した人の割合を調査。増税の影響があると回答した人が多かった職種トップ30をランキング形式で発表します。

スタディ 雑学
あなたの仕事は大丈夫?増税の影響が大きそうな職種・業種ランキング

目次

□増税の影響が大きそうな職種ランキングTOP30
□増税の影響が小さそうな職種ランキングTOP10
□増税の影響が大きそうな業種ランキングTOP30
□増税の影響が小さそうな業種ランキングTOP10



増税の影響が大きそうな職種ランキングTOP30


消費税増税によって自身の仕事に影響があるかどうかをビジネスパーソン5000人に聞き、職種別に「影響がある」と回答した人の割合を調査。増税の影響があると回答した人が多かった職種トップ30をランキング形式で発表します。もっとも「影響がある」と回答した人の割合が多かった職種は、建築・土木系専門職の「施工管理(戸建住宅)」。100%の人が「ある」と回答するという結果に。増税前の駆け込み需要と、その後の冷え込みを懸念するコメントが多く見られました。

続いて、「販売スタッフ」(80.0%)、「店長」(77.8%)と、販売・サービス系の職種がランクイン。販売価格の上昇による個人消費の冷え込みを懸念して、販売系の職種は、7割以上の人が影響があると答えています。トップ10のうち、建築土木系、販売サービス系が各4職種を占めるという結果になりました。

営業系…緑  IT系エンジニア…オレンジ  クリエイティブ系…ピンク  企画/管理系…水色  事務/アシスタント系…赤  機械系エンジニア…紫  化学・食品・医薬系…青  建築土木系技術職…黄  金融系専門職…茶  販売・サービス系…黄緑
1位施工管理(戸建住宅)… 100.0%
2位販売スタッフ… 80.0%
3位店長… 77.8%
4位ブライダルコーディネーター… 75.0%
5位不動産企画/プロパティマネジメント… 71.4%
6位スーパーバイザー/エリアマネジャー… 70.0%
6位セールスエンジニア/FAE… 70.0%
8位設計(戸建住宅)… 69.7%
9位施工管理(ビル/マンション/商業施設)… 66.7%
10位営業(小売系)… 64.6%
11位ファッション・インテリア関連職種… 62.5%
11位営業(サービス業系)… 62.5%
11位映像関連… 62.5%
14位営業(建設/不動産系)… 61.7%
15位ホール・サービススタッフ… 61.3%
15位調理スタッフ… 61.3%
17位営業(メーカー系)… 60.0%
17位営業(商社/卸/流通系)… 60.0%
17位ホテル・宿泊・旅行関連職… 60.0%
20位営業企画… 58.5%
21位生産管理… 58.1%
22位営業(広告/マスコミ系)… 56.8%
23位財務… 56.3%
23位販売促進/広告宣伝… 56.3%
25位クリエイティブディレクター/アートディレクター… 55.6%
26位商品企画・開発… 55.4%
27位ドライバー・配送スタッフ… 55.0%
28位編集、デスク… 52.6%
29位経理… 52.5%
30位施工管理(設備/内装/土木)… 51.7%

▲目次に戻る



増税の影響が小さそうな職種ランキングTOP10


一方、もっとも「影響がない」と回答した人が多かった職種は、金融系専門職の「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」(62.5%)、「バックオフィス/ミドルオフィス」(50.0%)。金融専門職がトップ10に3職種ランクインしているほか、企画事務系、事務・アシスタント系などの事務系職種が5職種ランクインするという結果になりました。

営業系…緑  IT系エンジニア…オレンジ  クリエイティブ系…ピンク  企画/管理系…水色  事務/アシスタント系…赤  機械系エンジニア…紫  化学・食品・医薬系…青  建築土木系技術職…黄  金融系専門職…茶  販売・サービス系…黄緑
1位運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)… 62.5%
2位バックオフィス/ミドルオフィス… 50.0%
3位広報/IR… 45.0%
4位翻訳/通訳… 44.4%
5位ITコンサルタント… 44.1%
6位医療事務… 40.8%
7位臨床開発/治験… 40.7%
8位法務… 40.5%
9位知的財産/特許… 40.0%
9位投資銀行業務… 40.0%
9位リサーチ・市場調査… 40.0%
12位薬剤師… 37.5%

▲目次に戻る


増税の影響が大きそうな業種ランキングTOP30


もっとも「増税の影響がある」と回答した人の割合が多かった業種は、小売/外食系の「百貨店」(88.5%)。その他にも小売/外食系の業種がトップ10のうち6業種を占めており、「商品価格の変動」「買い控え」など、個人商品の冷え込みを懸念する声が多く聞かれました。

続いて、2位の「インテリアメーカー」(87.5%)、3位の「ハウスメーカー」(86.4%)といった、大型の消費も増税による影響がありそうという声が多い結果になりました。

IT/通信/インターネット業界…緑  メーカー…オレンジ  金融業界…ピンク  建築/不動産業界…水色  商社/流通業界…赤  メディア業界…紫  メディカル業界…青  小売/外食業界…黄色  サービス業界…茶
1位百貨店… 88.5%
2位インテリアメーカー… 87.5%
3位ハウスメーカー… 86.4%
4位量販店/ホームセンター/スーパー… 78.8%
5位専門店/小売店… 73.6%
6位コンビニエンスストア… 66.7%
6位通信販売/インターネットショップ… 66.7%
6位 冠婚葬祭 … 66.7%
9位服飾雑貨メーカー… 64.7%
10位外食/レストラン… 64.3%
11位日用品/文具メーカー… 63.6%
12位建物管理/安全作業… 63.3%
13位不動産仲介… 63.0%
13位倉庫… 63.0%
15位出版… 60.3%
16位建築/建材関連メーカー… 60.0%
17位スポーツ/ヘルス関連施設… 58.8%
18位卸業… 58.2%
19位ゼネコン/サブコン… 58.1%
20位教育/塾/学校… 57.9%
20位食料品メーカー… 56.8%
20位ホテル/旅館… 56.8%
22位新聞… 56.3%
23位クレジット/信販… 55.6%
23位旅行… 55.6%
25位ディベロッパー… 54.2%
26位信金/信組… 54.1%
27位地方銀行… 53.2%
28位コンピューター/OA機器メーカー… 52.9%
29位レジャー/アミューズメント… 52.6%
30位建設設計… 52.5%

▲目次に戻る


増税の影響が小さそうな業種ランキングTOP10


一方、もっとも「影響がない」と回答した人が多かった業種は「信託銀行」(53.8%)。続く2位も同じく金融系の「投信/投資顧問」(50.0%)と、金融業界がトップ10に5業種ランクインしています。また、景気や価格の影響を受けづらいのメディカル系業種も3業種ランクインするという結果になりました。

IT/通信/インターネット業界…緑  メーカー…オレンジ  金融業界…ピンク  建築/不動産業界…水色  商社/流通業界…赤  メディア業界…紫  メディカル業界…青  小売/外食業界…黄色  サービス業界…茶
1位信託銀行… 53.8%
2位投信/投資顧問… 50.0%
2位士業関連… 50.0%
4位証券会社… 40.9%
5位CRO/SMO/CSO… 40.0%
6位リース… 39.8%
7位医薬品メーカー… 37.5%
8位 都市銀行 … 36.2%
9位アウトソーシング… 35.0%
10位病院… 34.2%

▲目次に戻る

※この記事は2014/03/18にキャリアコンパスに掲載された記事を転載しています
《編集部》

関連記事

    page top