仕事のやりがいって?”楽しい”を理解して仕事に活かす!

働く上で大事にしたい、仕事のやりがい。その考え方は人それぞれですよね。

はたらく ライフハック
仕事のやりがいって?”楽しい”を理解して仕事に活かす!
働く上で大事にしたい、仕事のやりがい。その考え方は人それぞれですよね。

「自分の仕事を褒められること」や「人を笑顔にすること」にやりがいを感じる方がいる中で、特に多いのが「楽しさを感じた瞬間にやりがいを感じる」という声です。そこで今回は“働く上での楽しさ”について考えてみましょう。

“楽しい”という感情は、やりがいや達成感にもとても大きく関係する!


人間が“楽しい”と感じたとき、脳内ではドーパミンという“快楽ホルモン”が作られます。このドーパミンが分泌されればされるほど脳が活性化され、気分もどんどん前向きになるのです。私たちの脳は“楽しい”と感じると活発に働き、取り組んでいることに対して「得意だ」と感じるようになります。

“自分にしかできないこと”が、仕事の楽しさに!


仕事の中で“楽しさ”を見つけようとしたときに重要となるのが、“自分にしかできないこと”を見つけるということです。会社内で自分にしかできないことがあれば、それがあなたの武器となり、同時に周りの人にも魅力的に見えます。例え小さなことでも“あなたにしかできないこと”が少しずつ増えていけば、それに伴い上司や同僚からも頼りにされる機会が増え、誇らしくなりますよね。その誇りが自信となり、あなたにイキイキとした仕事の楽しさをもたらすのです。

“楽しさ”のヒントは、意外と近くにあるかも!?


あなたの“自分にしかできないこと”は何ですか?日々の仕事の中で、振り返ってみて下さい。例え小さなことでも、積み重なればそれが大きな“やりがい”となるかもしれません。 あなたの楽しいと感じる部分を見つめ直して、これからの仕事に活かしていきましょう。

※この記事は2016/11/04にキャリアコンパスに掲載された記事を転載しています
《編集部》

関連記事

    page top