アイディア出しがスマートにできる「くみかえノート」が発売 「付箋(ふせん)」をアプリ上で編集することも可能に

ぺんてる株式会社は、アイディア出しを目的にデザインされた「くみかえノート」の発売を発表しました。小売価格は1,800円+消費税です。

アイディア出しがスマートにできる「くみかえノート」が発売 「付箋(ふせん)」をアプリ上で編集することも可能に

ぺんてる株式会社は、アイディア出しを目的にデザインされた「くみかえノート」の発売を発表しました。小売価格は1,800円+消費税です。

「くみかえノート」とは?


ビジネスシーンでのアイディア出しでよく使用される「付箋(ふせん)」。企画会議ではもちろん、趣味や学びの場でのワークショップなどでも使用される機会が増えてきています。

今回新たに発売される「くみかえノート」は、そうしたアイディア出しのシーンで使われる「付箋(ふせん)」に着目したツールです。

「くみかえノート」の特徴

 

アイディアをどんどん書き出せる


「付箋(ふせん)」が9マスに並ぶデザインのため、オレンジ色を中心にさまざまなアイディアを書き出すことができます。

また、硬い背面のリングノート型なので立ったままでも書きやすく、持ち運び時にも「付箋(ふせん)」がバラバラになってしまわないところも魅力です。


キレイに撮影・共有できる


「付箋(ふせん)」は、ホワイトボードなどに貼り付け、移動をさせたりしていると、次第にカドの部分がクルンとカールしてしまいがち。

しかし、「くみかえノート」ではそうしためくれを防止するために、「付箋(ふせん)」の両脇に糊(のり)引きがされています。

これにより、最後にホワイトボードなどを撮影する際にも影ができづらく、共有用の写真をキレイに撮ることが可能に。



専用のアプリ上で移動や編集ができる


また、ホワイトボードなどに展開した「付箋(ふせん)」を撮影・共有するための専用のアプリ「Kumikae-Note」が用意されています。アプリに保存したデータ上で、「付箋(ふせん)」の移動や編集も可能です。

さらに、撮影したデータは「Microsoft PowerPoint」形式で書き出すことができるため、資料作成などにも有効活用しやすいです。

 

page top