体の痛みは”足指”を改善することで治る?足腰が20歳若返る足指のばしの方法とは

株式会社かんき出版は、「足腰が20歳若返る 足指のばし」を2018年10月15日より全国の書店・オンライン書店などで発売することを発表しました。

体の痛みは”足指”を改善することで治る?足腰が20歳若返る足指のばしの方法とは

株式会社かんき出版は、「足腰が20歳若返る 足指のばし」を2018年10月15日より全国の書店・オンライン書店などで発売することを発表しました。

体の痛みを改善するためには”足指”に注目


「もう何年前から腰痛持ち。治らない……」
「ひざが痛くて、曲げ伸ばしがキツイ……」
「石みたいにガチガチに肩がこっている……」
「体が重くて、動くのがだるい……」

本書では、そのような慢性的な体のコリや痛みを治す方法として、注目すべきは”足指”にあるとしています。その理由は、体が立つメカニズムに秘密があります。

人はもともと“裸足”で生活を送っていた生物。当然足指は自由でパッと広がっていましたが、靴や靴下で何重にも足を包んで窮屈な思いをさせることで、足指はだんだんとゆがんでいきました。そして、そのようなゆがみが、体あちこちに生じる痛みの原因となっているとのことです。

足指が伸びればまっすぐに立つことができ、「握力」「ジャンプ力」「柔軟性」「背筋力」など、体が本来持つさまざまな力を取り戻すことが可能。本書では、すぐにできる足指チェックの方法や、足指を伸ばす「ゆびのば体操」のやり方などが紹介されています。

 

 

 


 




著者はこれまで1万人を超える「足と足指」を診察してきた人物


著者である今井一彰さんは、内科医としてこれまでに1万人を超える「足と足指」を診察してきた人物。自身が開発した「ゆびのば体操」は誰でも簡単にできる足のセルフケアとして、福岡県を中心に全国500以上の保育園や小学校、病院、介護施設で実施されています。

また、全国各地で「ゆびのば体操」を広げる講演や、「ゆびのばセミナー」も実施。どの会場でも満席が相次ぐ人気講演となっています。

そして、本書の発売にあたり、著者は次のようにコメントしています。

「人間の体は本来、まっすぐ立てるようにできているのです。足腰が痛いなら、もとの状態に戻してあげればよいだけ。いい状態にも、悪い状態にも、体を変えるのは本当に簡単です。毎日の『ゆびのば体操』で理想の状態を保ち、1人でも多くの方が、一生元気に歩けることを望んでやみません」

目次


はじめに 内科医の私が、「足の指」を診ている理由
1章 足指が伸びているかチェックしてみよう!
2章 なぜ、足指がゆがむと歩けなくなるの?
3章 足指がどんどん伸びる! 「ゆびのば体操」
4章 肩も腰もひざも! 「ゆびのば体操」で全身が健康になる!!
5章 もっと足指が伸びる! 「ゆびのばウォーク」
6章 教えて! 足やウォーキングに関するQ&A
実践編 今日から始める「ゆびのば生活」
おわりに 足指は、一生元気に歩くための大切な土台

書誌情報


書名:足腰が20歳若返る 足指のばし
著者:今井一彰
定価:1,404円(税込)
判型:46判
体裁:並製
頁数:176頁
ISBN:978-4-7612-7371-2

page top