初対面の人と仲良くなるために、まずは共通点を探そう!今すぐ実践できる雑談スキル

人見知りや口下手な人にとって、初対面の人と2人きりになると会話に困ってしまうことも多いですよね。何を話せばいいのかを考えているうちに沈黙が流れてしまい、気まずい思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。

初対面の人と仲良くなるために、まずは共通点を探そう!今すぐ実践できる雑談スキル

人見知りや口下手な人にとって、初対面の人と2人きりになると会話に困ってしまうことも多いですよね。何を話せばいいのかを考えているうちに沈黙が流れてしまい、気まずい思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。

今回は、初対面の人との会話に役立つ雑談スキルを紹介していきます。

まずは相手との共通点を見つける質問を!

 

 

共通点を探すことの大切さ


話しやすい人って、なにか自分と共通点がある場合が多くありませんか?仲のいい友人のことを改めて考えてみると、性格や趣味、出身地、仕事など、いくつか似ている点が浮かんでくるのではないでしょうか。

共通点を見つけることで会話が広がり、初対面の人でも打ち解けやすくなるでしょう。

質問のコツ


共通点を見つけるために、まずは相手を知ることが重要です。質問は話題を広げるためにも便利で、相手も「自分に興味を持ってくれている」と感じるので、適度なペースであれば悪い気はされないでしょう。

しかし、一方的に質問ばかりしていると、会話ではなく尋問のようになってしまうので注意が必要です。質問をする前に自分のことを話すことで、相手に心を開いてもらいましょう。

質問するネタを探す方法


いざ質問したいと思っても「どうやって質問を投げかけたらいいの?」と思う人も多いと思います。

例えば、テレビや映画、食べ物、出身地などの話題は、多くの人に当てはまりやすいのでおすすめです。また、そのとき「はい」や「いいえ」で終わらないような質問を投げかけることで、その返答から次の話題への糸口をつかめることもあります。

「はい」や「いいえ」で終わってしまう質問の例を挙げるとすれば、「いま韓国ドラマにハマってるんですが、〇〇さんも好きですか?」というものです。もし相手も好きだった場合は話が広がるかもしれませんが、そうでなかった場合はなかなか次へと繋がりませんね。

そうではなく、「いま韓国ドラマにハマってるんですが、〇〇さんってよく見るジャンルの番組とかありますか?」といった質問を投げかけると、相手からは好きなジャンルの回答があるかと思います。その回答に対して、「例えばどんな番組を見てますか?」や、「なんでそれが好きなんですか?」など質問を重ねれば、次の会話へ繋げていくことが可能です。

慣れが必要ですが、まずは1つ質問を投げかけてみることが大切です。

相手の話に対して関心を持つ

 


相手の話に関心を持ち、共感することも重要です。

適度に相槌を打ったり、リアクションをしたりすることで相手も「自分に興味を持ってくれている」と感じ、さらに話を進めてくれる場合もあります。そうすることで会話は広がり、相手のことをよく知ることができて、共通点も探しやすくなるでしょう。

初対面の人と仲良くなるには、共通点を見つけることがカギとなります。そのためには、まず質問をしてみることが大切です。質問をするための話題がパッと出てこない人は、自分のなかでの”鉄板ネタ”をメモ帳などに書いて準備しておきましょう。

少しの行動と意識で身につく雑談スキルなので、初対面の人との会話に困ったときは思い出してみてください。

page top