固定費はクレジットカード払いがおトク!かしこくポイントを使おう!

家賃や光熱費といった固定費を、銀行引き落としや請求書で支払っている方は、多いと思いますが、クレジットカード払いも検討してみてはいかがですか?

お金 つかう
固定費はクレジットカード払いがおトク!かしこくポイントを使おう!
  • 固定費はクレジットカード払いがおトク!かしこくポイントを使おう!
  • 固定費はクレジットカード払いがおトク!かしこくポイントを使おう!
  • 固定費はクレジットカード払いがおトク!かしこくポイントを使おう!
家賃や光熱費といった固定費を、銀行引き落としや請求書で支払っている方は、多いと思いますが、クレジットカード払いも検討してみてはいかがですか?

毎月必ず発生する出費(固定費)の中でも、特に家賃は毎月数万円の出費になります。このような高額な支払いをクレジットカードに切り替えれば、毎月確実に多くのポイントが貯まります。

例えば、家賃4万円のアパートに住み、電気代や水道代といった光熱費を月1万円支払っている方がいるとします。この方は毎月5万円を固定費として支払っている計算になりますよね。

これらの支払いを、例えばすべて楽天カードにまとめた場合は、毎月楽天スーパーポイントを500ポイント獲得できます。たった500ポイントしか貯まらないの?と思う方も多いかもしれません。

しかし、固定費を1年間楽天カードで支払った場合は、計6,000ポイントを獲得できます。

楽天スーパーポイントは楽天市場や楽天トラベルといった楽天のサービスでの支払いに利用できるため、楽天カードで固定費を支払っている方は、何もしていないのに毎年6,000円分も楽天のサービスを利用できるんです。

手数料は発生しないの?


一般的なクレジットカードは、リボ払いや3回以上の分割払いといったサービスを利用しない限り、手数料が発生しません。そのため、楽天カードや三井住友VISAカードなどのクレジットカードを持っている方は、安心して固定費をカード払いに切り替えることを検討してみましょう。

ポイントを貯めても使いみちがないんだけど……



「クレジットカードでポイントを貯めたことはあるけど、使いみちがないから困る」という方は多いでしょう。そんな方には、ポイントの利用先や交換先がたくさん用意されているクレジットカードをおすすめします。

楽天カードはポイントの使いみちが多くて便利


楽天カードで支払ったときに貯まる楽天スーパーポイントは、利用先の多いポイントとして有名です。楽天市場や楽天トラベル、楽天モバイルなど20以上のサービスで支払いに使えるため、使いみちに困る方は少ないのではないでしょうか。

また、楽天ペイというアプリを通すと、コンビニのローソンや居酒屋の和民などの支払いに楽天スーパーポイントを使うこともできます。自宅や職場の近くにローソンがある方は、楽天ペイでコーヒーやパンなどを買えるので便利ですよ。

「それでも使いみちが見つからない!」という方にはセゾンカード・インターナショナル


「通販や旅行で楽天のサービスを使わないし、近所にローソンもない」という方には、セゾンカード・インターナショナルをおすすめします。

セゾンカード・インターナショナルを支払いに使うと、永久不滅ポイントと呼ばれるポイントが貯まります。このポイントの魅力のひとつは、交換先が多いこと。Amazonギフト券や電子マネーのnanacoギフトなど、300種類以上の使いみちが用意されています。

そんな永久不滅ポイントは、その名の通り有効期限が設定されていないことが最大のメリット。「せっかく貯めたポイントが失効してしまった……」という事態になることはありません。

有効期限がないため、ずっとポイントを貯め続けても大丈夫。失効を気にせず、のんびりと交換先を探しましょう。

こんな固定費もクレジットカード払いできるの?



「さっそく固定費でポイントを貯めようと思ったけど、例えば携帯電話代金やインターネットの通信費はクレジットカード払いに対応しているの?」と思う方もいるかもしれません。

電気代や水道代といった光熱費はもちろん、携帯電話代金、インターネットの通信費といったほとんどの固定費はクレジットカード払いに対応しています。

ただし、地方の一地域のみで営業する小規模なガス会社や、個人商店などはクレジットカード払いを受け付けてくれない場合があります。そんな時は、支払い方法を「振込用紙による請求書払い」に切り替えてもらいましょう。

振込用紙とは、公共料金や税金などをコンビニで支払うために使用するもので、固定費の請求にも使われています。この振込用紙をコンビニのセブン-イレブンに持ち込んだ場合は、電子マネーのnanacoで請求額を支払うことができます。

nanacoは、クレジットカードでチャージ(入金)ができる電子マネー。あらかじめ請求額をクレジットカードでチャージすると、その際にポイントが貯まります。

このように、ひと手間を加えることで、ほとんどの固定費はクレジットカード払いに切替可能。身の回りの固定費はクレジットカードで支払い、賢くポイントをためて、おトクに使いましょう。
《編集部》

関連記事

    page top