伝え方のレベルは5段階?良い人間関係を築くための”伝え方”を学べる本が発売予定!

株式会社かんき出版は、『期待以上に人を動かす伝え方』(沖本るり子/著) を2018年10月17日から全国の書店・オンライン書店等で発売することを発表しました。

伝え方のレベルは5段階?良い人間関係を築くための”伝え方”を学べる本が発売予定!

株式会社かんき出版は、『期待以上に人を動かす伝え方』(沖本るり子/著) を2018年10月17日から全国の書店・オンライン書店等で発売することを発表しました。

本書では、ただ要件を伝えて終わるだけでなく、「いつの間にか周りがどんどん働いて仕事の成果が上がっていく」伝え方が紹介されています。

相手が動いてくれる伝え方が大切!


本書には、ビジネス現場で伝えたことは実際に相手が動いてくれなければ意味がない、とあります。
たとえば値引き交渉をする場合は、「値引きをお願いしたい」と伝えた上で実際に相手が値引きをするという具合です。


また、本書は読んだ人が「相手が“期待以上”に動いてくれる」伝え方を身に着けるのがゴールとのこと。値引き交渉で3%の値引きを期待するなら、相手が5%の値引きを提案してくれる伝え方を目指す内容となっています。

 

伝え方のレベルは5段階



本書によると、上図のように伝え方のレベルは5段階に分かれるとのこと。
話が下手な人や共感力が低い人でも、ちょっとしたコツを意識するだけで、相手が、“期待以上”に動くレベルの伝え方を身につけることができるそうです。

著者は年間200件以上のセミナーを行うトークコンサルタント


著者は年間約200件のセミナーや企業研修を行い、経営者やリーダーに「伝え方」を伝授している沖本るり子 さん。TBS報道番組Nスタでは“プレゼンの達人”と紹介された人物です。

おもな著書には『リーダーは話を1分以内にまとめなさい』、『相手が“期待以上”に動いてくれる! リーダーのコミュニケーションの教科書』、『生産性アップ! 短時間で成果が上がる「ミーティング」と「会議」』などがあります。

page top