残業防止と業務効率化が同時にできる?パーソルグループで仕事を可視化できるツールが導入開始

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社(以下「パーソルP&T」)が、「MITEARAS(ミテラス) 仕事可視化」を、パーソルグループで働く社員約2万人に導入したことを発表しました。

はたらく 法律・制度
残業防止と業務効率化が同時にできる?パーソルグループで仕事を可視化できるツールが導入開始
  • 残業防止と業務効率化が同時にできる?パーソルグループで仕事を可視化できるツールが導入開始
  • 残業防止と業務効率化が同時にできる?パーソルグループで仕事を可視化できるツールが導入開始
  • 残業防止と業務効率化が同時にできる?パーソルグループで仕事を可視化できるツールが導入開始
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社(以下「パーソルP&T」)が、「MITEARAS(ミテラス) 仕事可視化」を、パーソルグループで働く社員約2万人に導入したことを発表しました。

「MITERAS 仕事可視化」とは?


「MITERAS 仕事可視化」とは、「長時間労働の実態把握」「テレワークの推進」という課題を解決するためのツールのことです。

「長時間労働の実態把握」は、利用されている勤怠システムと連動し、自己申告である勤怠の数値と、PCログからの実働時間の差分を可視化し、勤務時間の実態を把握します。

また、「テレワークの推進」においては、本ツールで誰がいつ何をしていたかを可視化することで、オフィス以外での労務状況を把握し、適切な管理や評価を可能にしています。

ツールの力で残業の防止へ


パーソルP&Tでは「MITERAS 仕事可視化」を導入したことにより、管理職が部下の業務の負担を確認できるようになり、過度な残業を未然に防止できるようになったとのこと。

また、社員が社内にいなくても、いつ、どれくらいの時間を使って、どのような仕事をしているかを把握できるようになったため、勤務実態が把握しづらいテレワークで働く社員の管理もしやすくなったそうです。



社員の業務効率化の効果も


マネジメントされる側の社員は、本ツールを通じて上司に仕事をしていることを証明できるようになります。そのため、パーソルP&Tの社員は安心感を持てるようになり、業務を効率化し、仕事を定時内に終わらせようとする意識が高まったそうです。



多くの企業の悩みを解決するツールに?


多くの企業は、上司が部下の労働時間や仕事内容を正確に把握できず、残業を見過ごしてしまう、公正・適正な人事評価ができないなどの課題を抱えています。

労務の実態を把握できる「MITERAS 仕事可視化」を導入する企業が増えれば、こういった問題が解決され、労働改革が進んでいくかもしれません。
《編集部》

関連記事

    page top