9月の求人数は一時的に減少も、転職希望者は増加傾向に 「doda」が2018年9月の求人倍率レポートを発表

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda」(デューダ)が、2018年9月の転職求人倍率についてまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表しました。

9月の求人数は一時的に減少も、転職希望者は増加傾向に 「doda」が2018年9月の求人倍率レポートを発表

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda」(デューダ)が、2018年9月の転職求人倍率についてまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表しました。

「doda 転職求人倍率」の定義


「doda 転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値のことです。

【算出式】転職求人倍率 = 求人数(採用予定人数)÷ 転職希望者数
(小数第三位を四捨五入)。

【求人数】当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 当月中に新たに登録した新規登録者数と、前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、dodaエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

求人倍率や転職希望者数の結果は?



2018年9月の転職求人倍率は、前月比より0.12ポイント低い2.35倍でした。求人数は前月比98.0%、前年同月比108.4%となっています。また、転職希望者数は前月比103.0%、前年同月比108.9%で、増加傾向があるという結果に。


業種別にみると、主な8業種のなかで求人数が増加したのは「金融」のみで、増加率は104.3%となりました。職種別で求人数が増加したのは、11職種のなかでは「営業系」のみで、増加率は前月比101.5%という結果でした。

 

10月は求人数、転職希望者ともに増える見込み


「doda」編集長である大浦征也氏によると、2018年9月の求人数の結果について、9月は上半期末にあたり4~8月に募集を始めたポジションの採用に力を入れる企業が多く、追加で募集を始める求人が少なかったことが要因とのこと。

一方、転職希望者数が増加している状態については、9月は多くの企業で異動の内示が出る時期でもあり、転職を一つの選択肢として活動を始める人が多かったためと予想されています。前年同月と比べ、求人のバリエーションが広がり、転職先の選択肢が多い状態は継続しているので、転職希望者にとってはよい状態が続いているようです。

また、10月は3月に向けた募集が始まるため、求人数は増加すると見られています。年始から新しい会社に移ろうと転職活動を本格的に始める人が増えるため、転職希望者数は10月に増加し、年末にかけて減少する傾向があるとのことです。

page top