貯蓄や投資に回している金額はいくら?貯蓄よりも投資で資産を増やしている人が多いことが判明

総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミーが、 「貯蓄と投資に関する意識調査」の結果について発表しました。この調査はファイナンシャルアカデミーの受講生を対象に実施されたものです。

貯蓄や投資に回している金額はいくら?貯蓄よりも投資で資産を増やしている人が多いことが判明

総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミーが、 「貯蓄と投資に関する意識調査」の結果について発表しました。この調査はファイナンシャルアカデミーの受講生を対象に実施されたものです。

9割以上が貯蓄のみでは将来が不安と回答



「将来の備えは貯蓄のみで十分であるか」という質問に対して、全体の97%が「貯蓄のみで十分だとは思わない」と回答しました。これからの時代を生き抜くためには貯蓄以外の選択肢が必要である、と考える人が多いようです。

貯蓄に回す金額はいくら?



「手取り収入のうち、どれほど貯蓄に回しているか」という質問には、全体の約半数が「2割未満」と回答。その結果に「2割」と回答した人の数を加えると、貯蓄割合が「2割以下」の人が全体の7割以上を占めることがわかりました。

投資に回す収入の割合は?



「手取り収入の何割を投資に回しているか」という質問には、「2割未満」と回答した人が全体の約8割という結果に。また、投資をしていない人に理由を聞くと、最も多かったの回答は「知識がないから」でした。

投資をしている人は資産をどれくらい増やしている?



投資をしている人に対して、「どれほど資産が増えたか」と質問したところ、収入の2割以上を投資している人の約半数が「過去1年間で100万円以上資産が増えた」と回答しました。それに対して、投資割合が2割未満の人のなかで「過去1年間で100万円以上資産が増えた人」は、全体の2割という結果でした。

このことから、「収入における投資の割合が高い人ほど資産が増えている」ということが考えられます。

投資と貯蓄、どちらが資産を増やせる?



「貯蓄割合が2割以上/2割未満」と「投資割合が2割以上/2割未満」に分けて、過去1年間で資産が100万円以上増えた人の割合を比較すると、「貯蓄・投資ともに割合が高い人の方が、資産を100万円以上増やせる可能性が高い」ことが判明しました。

また、「貯蓄2割以上、かつ投資2割未満」と「投資2割以上、かつ貯蓄2割未満」の人を比較したところ、後者の方が20%以上高くなっており、「貯蓄割合よりも投資割合が高い人の方が、資産を100万円以上増やした人の割合が多い」という結果になりました。

調査概要


調査テーマ :「貯蓄と投資に関するアンケート」
調査方法: 紙面によるアンケート調査
調査地域: 首都圏・大阪
調査対象 : ファイナンシャルアカデミーの受講生202名
男女比:男性 54.1%、女性 45.9%
年齢構成:20代/15.2%、30代/26.9%、40代/36.0%、50代/19.8%、60代以上/2.0%
調査実施時期 :2018年9月1日(土)~9月16日(日)

page top