深田恭子さんがイメージキャラクターを務める「doda」の新CMが放送開始!発表会では転職についてのクイズ対決も

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「 doda(デューダ)」が、10月17日(水)より新TV-CMを放送開始することを発表しました。

エンタメ 芸能
深田恭子さんがイメージキャラクターを務める「doda」の新CMが放送開始!発表会では転職についてのクイズ対決も
  • 深田恭子さんがイメージキャラクターを務める「doda」の新CMが放送開始!発表会では転職についてのクイズ対決も
  • 深田恭子さんがイメージキャラクターを務める「doda」の新CMが放送開始!発表会では転職についてのクイズ対決も
  • 深田恭子さんがイメージキャラクターを務める「doda」の新CMが放送開始!発表会では転職についてのクイズ対決も
パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「 doda(デューダ)」が、10月17日(水)より新TV-CMを放送開始することを発表しました。

「DODA」から「doda」へリブランディング


今回の新TV‐CMは、サービス名を「DODA」から「doda」へリブランディングしたことを受けて制作されました。

CMでは、「時代の変化にあわせて働く人のそばに寄り添い、“はたらく”や転職について悩む人のサポートをする」というコンセプトを、深田恭子さん演じる「大人の進路担当 デューダ子」というキャラクターで具現化しています。

深田さんは10代の頃から女優として活躍し、確固たるキャリアを築きながら、SNSなどの発信から身近な存在として愛されている存在。そんな深田さんの信頼感と包容力が、「デューダ子」が目指す「親しみやすく、頼りになる」というイメージに一致していることから今回の起用となったそうです。

CMに先駆けてコンセプト発表会も開催


新TV‐CMの放送開始に先駆けて、10月16日(火)に新ブランドコンセプト&新TV-CM発表会が丸ビルホールにて開催されました。

本発表会では、doda編集長である大浦征也氏より、リブランディングの背景や新ブランドコンセプト、具体的な新サービス内容などについてのプレゼンテーションが行われ、新TV-CMも初公開。

また、深田さんの撮影時の感想などについてトークセッションも実施されたほか、発表会の途中にはスペシャルゲストとしてお笑いコンビガリットチュウの福島善成さんが登場。深田さんのモノマネをした福島さんが、「自らが本物のデューダ子だ」と宣言し、深田さんと共に本物の「デューダ子」を決めるクイズ対決も行われました。



転職に関するクイズ対決!


クイズ対決では、深田さんと福島さんが転職および「doda」に関する計4問のクイズに挑戦。クイズの内容は以下通りでした。

【第1問「転職へのイメージは実はポジティブ派の方が多い?」】
回答  :深田さん/○、福島さん/○
MC   :正解は○です。dodaが9月に行った調査でも20代~60代における会社員の56.4%が、転職をポジティブなものだと捉えていたという結果が出ました。

福島さん:私の答え見たでしょう!
深田さん:見てないです!(笑)  

【第2問「20代が理想の働き方を実現するために最も重視しているのは“給与”、次は“プライベート』”である?】
回答  :深田さん/○、福島さん/○
MC   :正解は○です。dodaが2018年8月に行った調査では、ミレニアル世代の20代ではプライベートも重視する傾向が明らかになりました。

【第3問「『DODAする』という言葉で、新語・流行語大賞を受賞したことがある?」】
回答  :深田さん/○、福島さん/×
MC   :正解は○です。1989年に「新語部門・銅賞」を受賞しています。

【第4問「新TV-CMで行っている『デューダ子』の決めポーズ”dポーズ“とは?」】
(※実際にポーズを行う)
回答  :深田さん/正解、福島さん/間違い
MC   :深田さんが正解です!



クイズ後のトークセッション(一部抜粋)


MC:対決の結果、やっぱり本物の「デューダ子」は深田さんですね。深田さん、福島さんに“dポーズ”をぜひレクチャーしてあげて下さい!
深田さん:(レクチャーを行いながら)本物は私だと証明できてよかったです。偽「デューダ子」さん、さようなら(笑)

福島さん:残念です。少しでもいいのでCMに出演させて下さい!
深田さん:ごめんなさい。もう撮り終わっちゃいました。
MC:では深田さん、最後にコメントをお願いします。

深田さん:本物の「デューダ子」として、全力で“はたらくのわからない”に悩んでいる人たちや転職活動中の方々をサポートしていきたいと思います。 “はたらく”こと全般や転職活動に悩んでいる人たちは、ぜひ「doda」のサイトを見てみて下さい!よろしくお願いします!
《編集部》

関連記事

    page top