食事やお酒の席で失敗したくない!より良い人間関係を築くためのマナー

同僚や得意先との距離を縮める方法として考えやすいのが、ランチや飲み会といった食事の機会。こういった外食は緊張がほぐれますし、普段なかなか話せない話題を楽しむチャンスでもあります。

食事やお酒の席で失敗したくない!より良い人間関係を築くためのマナー

同僚や得意先との距離を縮める方法として考えやすいのが、ランチや飲み会といった食事の機会。こういった外食は緊張がほぐれますし、普段なかなか話せない話題を楽しむチャンスでもあります。

しかし、食事の場にもマナーはあります。何気ない行動で相手を不快にさせたりするのは避けたいところ。そこで今回は、食事の際に気をつけたいポイントをご紹介します。

メニューを見る時は気配りを忘れない


席に着いたら、まずはお店のメニューを確認しますよね。この時、自分一人でメニューを見ながら「どれにしようかな」なんて悩むのはご法度。その場に目上の方がいれば先にメニューを差し出して、フランクな間柄での食事であればメニューをテーブルに置いて全員で選べるようにするのが良いでしょう。

また、飲み会であれば上司の飲み物が空になった時など、メニューが欲しくなるタイミングが何度か出てきます。その際にサッとメニューを渡したり、「同じもので良いですか?」など聞いたりして、スムーズなオーダーができると良いですね。

話題は明るい内容にする



ランチや飲み会で何を話題にするかはその時のメンバーにもよりますが、基本的に明るい話題を選ぶのが良いでしょう。日々積もった不満を口にしたい気持ちも分かりますが、それは同席者とよっぽど気心知れている場合に限ります。

特に歓迎会など、初対面の相手がいる際に愚痴っぽい話題を口にするのは避けたいところ。「この人は悪口を言う人だ」と、相手が悪い第一印象を抱いてしまうかもしれません。話すことが見つからなければ、「どんな食べ物やお酒が好きなんですか?」など、飲食店にいるからこそ盛り上がる話題を選ぶのも一つの手です。

悪酔いしない



お酒の席でもっとも気をつけたいのが、悪酔いしないこと。こればっかりは一度きりの失敗でも、ずっと周囲の記憶に残り続けてしまいます。お酒の強さには個人差があるので、たとえ過剰に勧められても断り、自分で飲む量をコントロールして悪酔いを防ぎましょう。

また、近年はアルコールに対する考え方が変化し、“アルハラ”という言葉も随分浸透しました。もしお酒を強要されて困っている方を見かけたら、そっと助け船を出してあげましょう。

誰でも食事の時間は楽しく過ごしたいもの。ちょっとした気配りをするだけで、相手とより良い関係が築けるようになるので、今回紹介したポイントをぜひ意識してみてください。

page top