喧嘩してしまった同僚と仲良くなりたい!関係を取り戻す3つの方法

日々の業務にはチームワークが必要不可欠ですが、「考え方の違いから意見が対立して、同僚と気まずくなってしまった」なんて経験はありませんか?特に相手と年齢や立場が近いと、その対立がエスカレートして喧嘩にまで発展してしまうことも…。

喧嘩してしまった同僚と仲良くなりたい!関係を取り戻す3つの方法

日々の業務にはチームワークが必要不可欠ですが、「考え方の違いから意見が対立して、同僚と気まずくなってしまった」なんて経験はありませんか?特に相手と年齢や立場が近いと、その対立がエスカレートして喧嘩にまで発展してしまうことも…。

これが友人であれば、しばらく会わないという手も使えますが、同じ会社に勤めている同僚にはそれも通じません。毎日が憂鬱(ゆううつ)になってしまう前に、以下の方法を使って関係修復を試みましょう。

まず、喧嘩してしまったことに対して謝る


仲直りをする上でもっともシンプルかつ分かりやすい方法は、素直に謝ってしまうことです。自分が悪い場合はもちろんですが、たとえ直接の原因が相手にあったとしても、こちらにも少なからず落ち度があるかもしれません。その際は、「大人気なかった」という謝り方であれば切り出しやすいのではないでしょうか。

喧嘩してしまうほど近しい同僚であれば、日常的にやりとりすることも多いはず。関係がギクシャクしたままでは仕事が進めにくく、不要なストレスを生むことになるでしょう。自分から謝ることに抵抗があるかもしれませんが、これも仕事のうちと割り切るのも重要です。

メールなどを通じてのメッセージ



もし相手と直接話せる機会が無かったり、どうしても面と向かって話しかけにくい場合は、メールなどで謝罪の姿勢を示しましょう。文末は「今度、ランチでも!」といった具合に、ポジティブな内容で締めると相手も返信しやすいのでおすすめです。

一番重要なのは、”仲直りをしたい”という意思が相手に伝わること。2~3行のシンプルなメールでも十分なのです。

時間が解決してくれるまで待つ



上記の手段を使っても仲直りが出来ないようであれば、時間の助けを借りるのも手です。たとえ相手が冷たい態度を続けていても、こちらは喧嘩する前と同じように、普段通りの接し方をしておきましょう。

同じ会社の同僚なら、相手にとってもあなたは日々の業務を進める上で欠かせない存在であるはず。よっぽどの大喧嘩でない限り、時間の経過によって関係は修復していくでしょう。

会社にはさまざまな人が集まっており、そこには当然、相性も存在します。それゆえに、衝突してしまう相手もいることでしょう。そんなときは仲直りできるように、今回ご紹介した内容を思い出してみてください。

page top