10月は求人数・転職希望者数ともに増加傾向に 「doda」が2018年10月の求人倍率レポートを発表

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda」(デューダ)が、2018年10月の転職求人倍率についてまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表しました。

はたらく 転職
10月は求人数・転職希望者数ともに増加傾向に 「doda」が2018年10月の求人倍率レポートを発表
  • 10月は求人数・転職希望者数ともに増加傾向に 「doda」が2018年10月の求人倍率レポートを発表
  • 10月は求人数・転職希望者数ともに増加傾向に 「doda」が2018年10月の求人倍率レポートを発表
  • 10月は求人数・転職希望者数ともに増加傾向に 「doda」が2018年10月の求人倍率レポートを発表
  • 10月は求人数・転職希望者数ともに増加傾向に 「doda」が2018年10月の求人倍率レポートを発表
パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda」(デューダ)が、2018年10月の転職求人倍率についてまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表しました。

転職求人倍率とは、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、「dodaエージェントサービス登録者(転職希望者)」1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です。
【算出式:転職求人倍率=求人数(採用予定人員)÷転職希望者数】

求人倍率や転職希望者数の結果は?







2018年10月の転職求人倍率は、前月と比べ‐0.24ポイントの2.11倍となりました。求人数は前月比102.3%、前年同月比106.7%で、転職希望者数は前月比114.2%、前年同月比114.1%という結果でした。



業種別にみると、「その他」を除く8業種すべてで前月と比べて求人数が増加。増加率が特に高かったのは、「メディア」(前月比110.6%)と「金融」(前月比107.8%)でした。

職種別では、「営業系」「販売・サービス系」を除く9職種で求人数が増加しており、増加率が特に高かったのは「企画・管理系」(前月比109.8%)と「事務・アシスタント系」(前月比108.8%)でした。

11月以降も求人数は増加する見込み


「doda」編集長である大浦征也氏によると、10月の求人数増加は、下半期に採用予定のポジションの募集を始める企業が多かったのが要因とのことです。

転職希望者数が大幅に増加したのは、すぐに転職を考えていなくても転職情報を得ようとイベントに参加した人や、気になる企業の求人に応募した人が増えているためだと予想されます。また、年末での退職を目指し転職活動を始めた人が一定数いたことも要因の1つと考えられます。

11月の求人数は、前年に比べ増加幅はやや落ち着くものの、引き続き増加する見込みです。

企業の採用傾向についてみると、職種未経験者を歓迎する求人は全体の1割以上あり依然多いものの、最近は自社内に適任者がいないポジションを中途採用で補う企業も増加。未経験者歓迎の求人よりも経験者を求める求人の割合が増えているようです。
《編集部》

関連記事

    page top