職場の“チームの雰囲気”は良い・悪い?助け合いやコミュニケーションが満足度を高める要因に

一般社団法人日本能率協会が、「所属チームの雰囲気」についての意識調査を行い、その調査結果を発表しました。この調査は全国の正規・非正規雇用の就業者1000人を対象に行われたものです。

職場の“チームの雰囲気”は良い・悪い?助け合いやコミュニケーションが満足度を高める要因に

一般社団法人日本能率協会が、「所属チームの雰囲気」についての意識調査を行い、その調査結果を発表しました。この調査は全国の正規・非正規雇用の就業者1000人を対象に行われたものです。

現在所属しているチームの雰囲気に満足している?



現在所属している職場チームの雰囲気について調査したところ、全体では「とても満足している」(10.9%)、「やや満足している」(43.6%)、と満足している人が半数を超える結果でした。年代別でみると、20代と60代は約6割が“満足”と回答した一方、50代は満足している人が半数以下となりました。

満足・不満足の理由は?



チームの雰囲気に満足している人に理由を聞いたところ、「困ったときに互いに助け合うから」(39.6%)という回答がもっとも多く、続いて「自分なりの創意工夫で仕事を進めることができるから」(27.2%)、「互いに情報を共有したり学びあったりしているから」(22.2%)という結果でした。


また、満足していない理由については、「フェアな評価がなされていないから」(24.0%)が最も多く、「困ったときにも互いに助け合うことがないから」(21.8%)、「互いに本音を話せないから」(21.3%)と続く結果でした。

魅力を感じるチームは?



「どのようなチームに魅力を感じるか」については、「困ったときに助け合えるチーム」(47.0%)が1位、「メンバー同士が仲の良いチーム」(29.5%)が2位、「コミュニケーションが活発なチーム」(28.2%)が3位でした。このことから、良好な人間関係がチームへの満足度の要因ことがわかります。

チームリーダーはうまく雰囲気づくりができている?



チームリーダーが雰囲気を良くすることができているか質問したところ、全体では38.9%が「できている」(「よくできている」「ややできている」の合計)と回答し、33.4%が「どちらでもない」、27.7%が「できていない」(「あまりできていない」「まったくできていない」の合計)と答えました。

現在のチームに満足している人(満足群)と満足していない人(不満群)で比較すると、満足群では、「できている」が6割を超え、不満群では「できていない」が5割を超えたことから、リーダーのチームマネジメント力が重要であることがわかります。

上司から言われて嫌な言葉・嬉しい言葉は?



上司から言われて嫌だと思う一言は、全体では「使えないな」(33.8%)が1位、次いで2位は「そんなこともできないのか?」(32.6%)、3位は「余計なことをするな」(23.4%)でした。


逆に、上司から言われてやる気がでる一言については、全体では1位が「ありがとう」(35.1%)で、2位が「よくやった」(23.9%)、3位が「頑張ってるね」(19.8%)という結果でした。

調査概要


調査名称:第9回「ビジネスパーソン1000人調査」【理想のチーム編】
調査期間:2018年9月28日~2018年10月9日
調査対象:(株)日本能率協会総合研究所「JMARリサーチモニター」
     のうち、全国の20歳~69歳までの正規・非正規雇用の就業者
     (企業や団体で働く正社員、役員、経営者、契約・嘱託社員、
     派遣社員。ただしパート・アルバイト、医師・弁護士などの
     専門職業、自由業を除く)

調査方法:インターネット調査
回答数 :1,000人
属性  :[性別]男性559人、女性441人
     [年代]20代156人、30代236人、40代239人、
         50代212人、60代157人
     [雇用形態]男性(正規447人、非正規112人)
           女性(正規191人、非正規250人)

page top