思い出の結婚式をリーズナブルに!いま人気の“格安婚”とは

「スマ婚」「楽婚」「ゼロ婚」などの言葉を聞いたことはあるでしょうか?

ライフ 恋愛・結婚
思い出の結婚式をリーズナブルに!いま人気の“格安婚”とは
  • 思い出の結婚式をリーズナブルに!いま人気の“格安婚”とは
  • 思い出の結婚式をリーズナブルに!いま人気の“格安婚”とは
  • 思い出の結婚式をリーズナブルに!いま人気の“格安婚”とは
「スマ婚」「楽婚」「ゼロ婚」などの言葉を聞いたことはあるでしょうか?これらは“格安婚”と呼ばれ、従来の結婚式よりリーズナブルかつ簡単に挙式ができることが特徴で、若い世代に人気のサービスです。今回は、“格安婚”のメリットやデメリットについてご紹介します。

格安婚のメリット





【価格が安い】
名前の通り、従来の結婚式より価格が安いことが最大の特徴で、新郎新婦の持ち出しは10万円前後のことが多いです。格安婚が挙げられる提携会場は有名ホテルや結婚式場はもちろんのこと、レストラン、ゲストハウスなどもあり、幅広く選択することができます。

【料金は後払いOK】
従来の結婚式は、先払い制であったことが新郎・新婦の負担になり、結婚式をあげるための大きな壁となっていました。しかし格安婚を提供している会社の多くは後払い制を採用しているため、ご祝儀での支払いも可能です。

【パッケージ化しているので悩む必要がない】
格安婚はわかりやすくパッケージ化されていることが多く、演出などはプロデュース側の会社がすべて設定してくれます。そのため、当日のスケジュールや演出に悩むことはありません。

格安婚のデメリット





【自由度が低い】
格安婚は値段を抑えるため、演出や料理などの選択に制限があります。そのため、従来の結婚式より、自由度が低いといえます。

【好きな日程を選びにくい】
値段を抑えるために人気のない日程が選ばれることが多く、日程を自由に設定することが難しいです。また、平日や仏滅など、参列者が参加しにくいまたは宗教上はあまりよくないとされる日程になることもあります。

【周りとの兼ね合いが必要】
価値観は人それぞれですが、両家のご両親によっては「子供にはこんな結婚式をしてほしい」と希望があるかもしれません。格安婚はプランナー側の提示する内容で固められることが多いので、あらかじめご両親の了承を取った方がよいかもしれません。また、小さな式場になることが多く、呼べる友人の数に制限がかかる場合もあります。

格安婚のサービスの一例



【楽婚】
全国500以上の会場と提携しており、有名ゲストハウスやレストランなど幅広いラインナップが魅力です。披露宴に必要最低限のものをすべてパックにして「楽婚プラン」として提供しています。一般的な結婚式場のように専属プランナー制度を取り入れているため、安心して挙式ができます。

楽婚の詳細はこちら

【スマ婚】
“適正価格”をコンセプトに掲げるサービス。クオリティはそのままに、今まで結婚式場で当たり前にかかっていた持ち込み料などのコストを徹底的に見直しています。また、打ち合わせ時に過度な営業行為を行わないことを約束しているため、最初に提示された見積もりから大幅な金額アップがないことも魅力です。

スマ婚の詳細はこちら

以上、格安婚について紹介いたしました。

「結婚式=高額」という今までの常識を打ち破る格安婚。こだわりポイントとカットしたいポイントのメリハリをつけて予算を組むことで、かなり費用を安くすることできそうです。メリット・デメリットをきちんと把握し、上手に利用していきましょう。
《編集部》

関連記事

    page top