冬もアクティブに過ごしたいあなたへ!おすすめ冬季旅行スポットを紹介

外に出れば肌寒く感じるようになり、いよいよ冬本番が近づいてきました。冬もアクティブに過ごしたい方は、この季節ならではの行事や景色が楽しめる場所に行ってみてはいかがでしょうか?

ライフ 旅行
冬もアクティブに過ごしたいあなたへ!おすすめ冬季旅行スポットを紹介
  • 冬もアクティブに過ごしたいあなたへ!おすすめ冬季旅行スポットを紹介
  • 冬もアクティブに過ごしたいあなたへ!おすすめ冬季旅行スポットを紹介
  • 冬もアクティブに過ごしたいあなたへ!おすすめ冬季旅行スポットを紹介
  • 冬もアクティブに過ごしたいあなたへ!おすすめ冬季旅行スポットを紹介
  • 冬もアクティブに過ごしたいあなたへ!おすすめ冬季旅行スポットを紹介
  • 冬もアクティブに過ごしたいあなたへ!おすすめ冬季旅行スポットを紹介
外に出れば肌寒く感じるようになり、いよいよ冬本番が近づいてきました。

冬もアクティブに過ごしたい人は、この季節ならではの行事や景色が楽しめる場所に行ってみてはいかがでしょうか?

そこで今回は、 “冬季のおすすめ旅行スポット” を目的別にわけてご紹介します。

雪景色を堪能したいなら!冬のおすすめ絶景スポット



「硝子の街が、雪とイルミネーションで彩られる 小樽ゆき物語」(北海道)





冬の風物詩として定着しつつあるイルミネーションのなかでも、特に人気を集めている北海道の「小樽ゆき物語」。

硝子の街として有名な小樽を、ワイングラスを積み上げたワイングラスタワーや、ガラス製の浮き玉を使った浮き玉ツリーが飾り、青く輝く光の姿は圧巻。

小樽運河を青くライトアップした、青の運河も必見です。

小樽ゆき物語 イベント開催期間:2018年11月1日(木)~2019年2月17日(日)

「日本の造園技術の結集“雪吊り”を楽しむ!兼六園」(石川県)





金沢の冬の風物詩といえば、そこかしこに見られる雪吊り。

日本三名園のひとつである石川県の兼六園では、さまざまな方法の雪吊りを見ることができ、日本庭園と雪の見せる美しさは、風情を感じさせます。

またノドグロやカニなど、海の幸もあわせて楽しめます。

兼六園 雪吊り設置期間:2018年11月1日(木)~2019年3月中旬

「見れたらラッキー!? 雪の日限定ライトアップ 貴船神社」(京都府)





神社へ足を運ぶ機会の多い年末年始は、絶景のある神社を狙いたいもの。魅力的な神社仏閣が多い京都のなかでも、特に注目したいのが貴船神社です。

その秘密は積雪のあった日限定のライトアップ。ただでさえ幻想的な、雪と神社の組み合わせにライトアップが加われば、一生忘れられない絶景となりそうです。

貴船神社 積雪ライトアップ開催期間:2019年1月1日(火)~2月28日(木)の積雪日のみ

身体を動かしたいあなたに!おすすめウインタースポーツスポット





「温泉でさっぱりできる!湯沢高原スキー場」(新潟県)


ウィンタースポーツといえば、やはりスキーやスノーボード。せっかく旅行で行くならば、温泉地も近くてのんびりできる、新潟県の湯沢高原スキー場がおすすめです。

温泉街からロープウェイでゲレンデに行くこともでき、温泉とウインタースポーツ、どちらも楽しめるスポットとして人気です。体を思いっきり動かしたら温泉でゆっくり疲れをとるなど、充実した旅行ができます。

湯沢高原スキー場 シーズン運営期間:2018年12月15日(土)~2019年3月31日(日)予定

「のんびりと知床の大自然を楽しめる スノーシュー」(北海道)





スキーやスノーボードが苦手でもウィンタースポーツを楽しむことはできます。

たとえば最近注目を集めているのが、北海道の知床などで体験できるスノーシュー。靴の下にスノーシューを装着し、雪上のトレッキングを楽しむことができるんです。

雪山があればどこでも楽しむことができますが、世界遺産にも指定された知床で大自然を満喫するのがおすすめです。

知床・スノーシューイング シーズン期間:2018年12月上旬~2019年3月下旬

「スキー、スノボに飽きたら、白馬でスノーカイト!」(長野県)






スキーやスノボをやりつくした、そんなあなたにおすすめするのがスノーカイト。

カイトを手に持ち滑走することで、斜面がなくても、スピードを出したり高くジャンプすることができます。

できる場所がまだ限られていますが、長野県の白馬ではスクール付きで、上達しながら楽しむことができます。

長野県・スノーカイト シーズン期間:2018年12月上旬~2019年3月中旬

以上、冬のおすすめ旅行スポットについて紹介しました。家の中でゆったりと過ごすのも捨てがたいですが、今年は冬をしっかり堪能できる旅行スポットに足を運んでみるのも良いかもしれません。

そのときは今回ご紹介したスポットも参考にしてみてくださいね。
《編集部》

編集部おすすめの記事

    関連記事

    page top