「あれ、誰だっけ」とならないために 人の名前を覚える3つの方法

日々の業務を行う上で、人の名前が覚えられずに困ったことはありませんか?時には、つい先日名刺交換をしたばかりの相手なのに、「あれ、なんて名前だっけ…」と気まずくなってしまった経験がある人もいるでしょう。

はたらく 人間関係
「あれ、誰だっけ」とならないために 人の名前を覚える3つの方法
  • 「あれ、誰だっけ」とならないために 人の名前を覚える3つの方法
  • 「あれ、誰だっけ」とならないために 人の名前を覚える3つの方法
  • 「あれ、誰だっけ」とならないために 人の名前を覚える3つの方法
  • 「あれ、誰だっけ」とならないために 人の名前を覚える3つの方法
日々の業務を行う上で、人の名前が覚えられずに困ったことはありませんか?

時には、つい先日名刺交換をしたばかりの相手なのに、「あれ、なんて名前だっけ…」と気まずくなってしまった経験がある人もいるでしょう。

人の名前を覚えるということは、簡単なようで案外難しいもの。しかし、ほんの少しコツを抑えるだけで、覚える確率を高めることも可能です。

今回は人の名前を覚える方法を3つご紹介します。

1:繰り返し呼んでみる





そもそも、名刺交換や初対面の挨拶で、相手の名前を1度聴いただけで完璧に覚えられる人はほとんどいません。教科書の内容すべてを1度読んだだけで頭に入れるのは難しいのと同じことです。

情報を記憶に定着させるためにもっとも重要なのは、その情報と繰り返し接点を持つことなのです。

つまり、人の名前を覚えるには、機会があるたびに相手の名前を声に出して呼ぶことが1番です。

初めて名前を聞いたら「●●さんですね」と反復したり、話しかける時も「あのー」や「すみません」ではなく、「●●さん」と意識して名前を呼んでみましょう。これだけでも、だいぶ覚えやすくなるはずです。

2:顔の特徴でイメージする





名前を覚えたい人と会話する時、相手の顔を見て話していますか?名前に関係する視覚情報を得るようにすれば、もっと覚えやすくなります。

人の顔は「目が大きい」「鼻が小さい」「優しそう」「怒ると怖そう」など、さまざまな特徴とイメージに溢れています。

そういった情報を手に入れて、「▲▲な顔の●●さん」とイメージしてみるのも1つの手段です。

3:相手のことをもっと知る





仕事で会う人の名前が覚えられなくとも、好きなドラマや漫画のキャラクターならスラスラ言えるということはありませんか?

もしそうなら、名前を覚えたい相手にもっと興味を持ってみることが大切かもしれません。

印象に残っているドラマや漫画のキャラクターには、それ相応の見せ場やエピソードがあり、だからこそ覚えていられるもの。

それと同じような情報を入手するべく、「なぜこの仕事を選んだのか」「学生時代は何をしていたのか」など、いろいろと相手の話を聞いてみましょう。ちょっとした話でも、相手の名前を覚える手助けをしてくれますよ。


以上、人の名前を覚える方法を3つ紹介しました。どうしても名前が覚えられない…と悩んでいる人は、今回紹介した内容を思い出して、ぜひ使ってみてください。
《編集部》

関連記事

    page top