コンパクトサイズなのに、容量は世界最大級!災害備蓄用品としても使えるモバイルバッテリー

ハッブル株式会社は、「RIVER Bank(リバーバンク)」の先行販売を開始しました。 先行販売はクラウドファンディングサービス「machi-ya」にて行われています。

コンパクトサイズなのに、容量は世界最大級!災害備蓄用品としても使えるモバイルバッテリー

ハッブル株式会社は、「RIVER Bank(リバーバンク)」の先行販売を開始しました。

先行販売はクラウドファンディングサービス「machi-ya」にて行われています。

「RIVER Bank」とは?


「RIVER Bank」は世界最大クラスの充電容量で、飛行機にも持ち込みができるコンパクトサイズのモバイルバッテリーです。

【紹介動画】

 


製品はメインモジュールとカーブースター(自動車のバッテリートラブルの際に使用)の2つにわかれています。

この2つを専用マグネット端子(Pogoピン)で合体することで、充電容量の拡大とカーブースター機能を追加することができます。

 

 


USBポートやワイアレス急速充電機能も付いており、重さは約1.4kgと軽量。


さらに、別売りのソーラーパネルをつなげれば、太陽光充電も可能です。


電力維持期間は約6ヵ月間で、災害備蓄用品としても使用可能。ポータブルバッテリーとして、さまざまな環境での幅広い活躍を期待できます。

「RIVER Bank」プロジェクト概要



■プロジェクト期間
2018年12月14日(金)23時59分~2019年1月27日(日)23時59分

■先行予約プロジェクト・リターン一覧


詳細ページはこちら

page top