50%以上が給料に不満!? 20代の「給料の満足度」大調査

いつだって待ち遠しい給料日! 毎月のお給料は、仕事をする上で大きなモチベーションの一つにもなっていますよね。

スタディ 雑学
50%以上が給料に不満!? 20代の「給料の満足度」大調査
  • 50%以上が給料に不満!? 20代の「給料の満足度」大調査
  • 50%以上が給料に不満!? 20代の「給料の満足度」大調査
  • 50%以上が給料に不満!? 20代の「給料の満足度」大調査
  • 50%以上が給料に不満!? 20代の「給料の満足度」大調査
  • 50%以上が給料に不満!? 20代の「給料の満足度」大調査
  • 50%以上が給料に不満!? 20代の「給料の満足度」大調査
いつだって待ち遠しい給料日! 毎月のお給料は、仕事をする上で大きなモチベーションの一つにもなっていますよね。

日々の生活を送るため、プライベートを楽しむため、将来に備えるため…現在、そして将来に向けて充実したライフスタイルをかなえたい。だからこそお給料の満足度によって、仕事へのやりがいは大きく左右されるのではないでしょうか。

そこで今回のキャリアコンパスでは、全国の20代のビジネスパーソン男女300人を対象に「給料の満足度」に関する調査を実施しました。

果たして、20代のビジネスパーソンは自分の給料に満足しているのでしょうか?


「給料に満足していない」20代は50%以上。仕事量に見合わない?


まず、20代のビジネスパーソンの平均月給はいくらぐらいなのでしょうか? 男女別に平均額面を見ていきましょう。額面とは基本給から税金・保険料などが引かれる前の金額です。なお、「額面」と「手取り」の違いについては、「給与明細読むとき要チェック! 『控除』の基本知識」をご覧ください。



全体の平均月給は約22万円。男性は約26万円、女性は約19万円という結果になりました。男女を比較すると6万円以上もの差があります。今回の調査では女性は事務職の回答者が多く、対して男性は営業職・エンジニア職の方が多かったことが、金額に差が開いた原因になっているのかもしれません。ちなみに賞与も反映された20代の平均年収をあげれば、DODA「平均年収ランキング2016」によると354万円という結果になっています。

では、そんな現在の給与額について、20代のビジネスパーソンはどのように感じているのでしょうか?



男女ともに「(まあ)満足している」と回答した方が約25%、「(まあ)満足していない」と回答した方は約50%という結果に。満足度については男女間の差はほぼ見られず、総合的に見て半数以上の20代が現在もらっている給料の金額に対して不満を持っているようです。

給料は自分の仕事に対する会社からの対価とも取れます。こなしている仕事量や質に対して給料が見合っていないと感じていれば、満足することは難しいかもしれません。

年齢が上がるとともに少しずつ知識や経験は身につき、スキルアップと給与アップが同時に見込めるもの。そう考えれば20代は少し踏ん張り時といえるかもしれませんね。

この記事を読んでいる皆さんは自分の給与額を振り返ってみて、どのように感じているでしょうか?


給与アップの近道は出世?転職?


20代の皆さんはそれぞれに理想的なお給料の金額があるはず。そこで、今の月給にあといくらプラスされれば、お給料に満足できるのか聞いてみました。



男性は今の給料プラス8万円、女性はプラス5万円ほど増えれば満足できるという回答になりました。平均月給の結果と合わせて考えると男性は毎月34万円、女性は24万円もらえれば満足できるよう。

これは自分自身への仕事に対する評価であるほか、自分が送りたいライフスタイルにかかる金額を想定しているのかもしれませんね。以前キャリアコンパスにて行った「貯金に関するアンケート」は、20代の毎月の平均貯金額は約5万円、30歳までの目標貯金額の平均は約310万円という結果でした。この貯金目標を達成するため、もしくは時々「プチぜいたく」をしたいなどの理想が今回の回答に表れているのかも。

では、そんな理想の給料額をかなえるには現状からどうすればいいか、20代に聞いてみました。結果は以下の通り。



男性の1位は「出世する」、2位は「転職をする」でした。女性の1位は「転職をする」、2位は「出世する」という結果になりました。キャリアコンパス世代にとって、転職は給料アップへの選択肢の一つとして検討されていることが分かります。ただし、転職先によっては給料が以前よりダウンしてしまうことも。以前の「年収別の転職理由ランキング」で、転職後の年収を職種別に紹介していますので、給料アップを目指した転職を考えている方はぜひご参考にしてくださいね。

「その他」の意見としては「副業をする」「投資をする」といった声が多く挙がっていました。最近ではソフトバンクやディー・エヌ・エーなど大手企業が相次いで副業を解禁したことが話題になり、ますます多様な働き方が身近になってきています。副業はただ「収入をアップさせる」だけではなく、働くことへのモチベーションをアップさせたり、視野を広げてさまざまなキャリア形成を創出することもできるもの。このような前向きな給料アップ術は、自然とスキルアップへと導いてくれるかもしれませんね。

まとめ


給料アップをかなえたいならば、会社が「この人に仕事を任せたい」と思うような人材になることも必要不可欠です。今の会社に長く勤めたい場合も、キャリアアップを目指して新たな選択肢に目を向ける場合も、今の自分には何が必要か、何が強みであるかを整理した上で、自分自身に磨きをかけることを目指してみてくださいね。

さらにもっとキャリアコンパス世代の声を届けるべく、街に出て「あなたは現在の給料(月給)に満足していますか?」と20代の方に聞いてみました! 続きは下をスクロール!

(文・編集:東京通信社)

<調査概要>
【対象者】20歳~29歳のホワイトカラー系職種の男女
【回答人数】310名
【雇用形態】有職者(個人事業主、自営業、パート・アルバイト、学生、主婦、無職は除く)
【調査手法】ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
【調査期間】2017年10月20日~2017年10月21日
※記事中の割合データは、複数回答・四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。


※この記事は2017/12/01にキャリアコンパスに掲載された記事を転載しています。
《編集部》

関連記事

    page top