グリーンのあるオフィスで働く!?快適空間を演出する4つの観葉植物レイアウト術

無機質なオフィスに通う。寒々しい事務所でパソコンに向かう。その毎日、その繰り返しに、追い打ちをかけるように間もなくやって来る梅雨。

スタディ 雑学
グリーンのあるオフィスで働く!?快適空間を演出する4つの観葉植物レイアウト術
  • グリーンのあるオフィスで働く!?快適空間を演出する4つの観葉植物レイアウト術
  • グリーンのあるオフィスで働く!?快適空間を演出する4つの観葉植物レイアウト術
  • グリーンのあるオフィスで働く!?快適空間を演出する4つの観葉植物レイアウト術
  • グリーンのあるオフィスで働く!?快適空間を演出する4つの観葉植物レイアウト術
  • グリーンのあるオフィスで働く!?快適空間を演出する4つの観葉植物レイアウト術
  • グリーンのあるオフィスで働く!?快適空間を演出する4つの観葉植物レイアウト術
  • グリーンのあるオフィスで働く!?快適空間を演出する4つの観葉植物レイアウト術
無機質なオフィスに通う。寒々しい事務所でパソコンに向かう。その毎日、その繰り返しに、追い打ちをかけるように間もなくやって来る梅雨。

気分は下降の一途をたどり、仕事がはかどらないという人も多いことでしょう。そこでオススメしたいのが、オフィスに観葉植物を置くことです。

「皆さん、口を揃えて言います。『オフィスにグリーン(観葉植物)を取り入れるだけで、こんなにもリラックスできるとは思いませんでした』って。社内のコミュニケーションも増えて、雰囲気が良くなったという声もよく聞きますよ」

そう話すのは、フラワーショップ「青山フラワーマーケット」を展開する株式会社パーク・コーポレーションが運営する「parkERs(パーカーズ)」のプランツコーディネーターの児玉絵実さんと田村未和さん。今回は、室内の心地よさをデザインするお二人に、観葉植物がオフィスにもたらす効果と、この時季オススメの観葉植物について聞いてみました。


オフィスに観葉植物を置くと得られる効果





──なぜオフィスにグリーンがあるとリラックスできるのでしょうか?

「観葉植物を“育つインテリア”と呼んでいますが、この“育てる”ということに意味があります。観葉植物をみんなで育てるにあたり、コミュニケーションが生まれ、会社の雰囲気が良くなるのです。さらにいえば、ビジネスにおいてはクライアントや営業先などの相手について知ることが必要ですよね。それは、オフィスで育てる植物について知ることと遠くない話なのです」(児玉さん)

──ビジネスに必要な「相手のことを知る」ということ。それを観葉植物から学べるというわけですね。もちろん、見た目にも雰囲気は良くなりますよね?

「意外なところで多いのは、エントランスにグリーンを置いたことで、オフィスに入ってきたときの印象が変わって、採用活動が格段にスムーズになった、という声です。また、パソコンに向かう仕事をする職場では、たまに遠くを見たくなりますよね。そのときに観葉植物があれば、目の保養にもなります。“あ、花が咲いてる!”なんて心の余裕も生まれますよ」(田村さん)


今だからこそオススメしたい観葉植物4選


ここまで話を聞いてみて、オフィスに観葉植物を置きたいと思った人も多いはず。けれど、どんなものを置いたらよいか分からない。そんな人のために、この時季だからこそオススメの観葉植物とそのオススメレイアウト術を聞いてみました。


1.エントランスにはシダ植物を



「季節を感じることは、人間本来の生活には欠かせませんよね。そこで今の季節にはあえて、シダ植物をオススメしたいです。そこまで光を必要としないので、エントランスなどに置くのもいいかもしれませんね。この時季、どんどんと新芽が出てきます。そういった日々変わりゆく姿も観察できますよ」(児玉さん)

2.光の差し込む窓辺付近にウンベラータを



「イチジク属の仲間であるウンベラータは、女性に人気の観葉植物です。ハート型の大きな葉っぱがかわいらしくて、ピリピリしがちなオフィスをほっこりとした雰囲気で包んでくれます。遠くから見ると傘のような形状をしているので、今の季節にピッタリ(笑)。光を好む植物なので、葉焼けしてしまう真夏以外は窓際に置くのがいいでしょう」(児玉さん)

3.デスクの近くにエバーフレッシュを



「発芽率が高いエバーフレッシュは、最近人気がありますね。新芽がすごくきれいなので、今の時季に最適。昼夜の明暗に合わせて葉っぱが閉じたり開いたりする“就眠運動”を行う植物です。エバーフレッシュの葉が閉じてきたら、残業はオシマイなんてルールを作れば、オフィスに和やかな空気が生まれるのではないでしょうか。その意味でもデスクの近くに置くのもいいですよね」(田村さん)

4.天井側には、ポトスを



「成長が目に見えるほどに早く、育てがいのあるポトスは、昔も今も変わらず人気があります。下に向かって伸びていく育てやすい植物ですので、上に伸びる植物と組み合わせやすいですよ。色や形状によって、数えきれないほどの種類があるので、好みによって選べるのもポイントです」(児玉さん)

多くのインテリアが「施工した日が完成」であるのに対し、観葉植物は育てていくもの。観葉植物の成長とともに、会社を成長させていくのはいかがでしょうか?

(識者プロフィール)
「parkERs(パーカーズ)」/「花と緑に囲まれた空間を一人でも多くの方に体感いただきたい」との思いから生まれた空間デザイン事業。「羽田空港 ANA SUITE LOUNGE」や「有楽町マルイ・新宿マルイ本店」などの空間をコーディネートしている。児玉絵実さん、田村未和さんはともに、parkERsのプランツコーディネーターを務める。
HP:(パーカーズ)

※この記事は2014/05/12にキャリアコンパスに掲載された記事を転載しています。
《編集部》

関連記事

    page top