欲求を乗り切って無理なく痩せる?マインドフル・ダイエットで「太らない脳」に

株式会社主婦の友社は、既刊本『無理なくやせる“脳科学ダイエット”』の4度目の重版を決定したことを発表しました。

ライフ 健康
欲求を乗り切って無理なく痩せる?マインドフル・ダイエットで「太らない脳」に
  • 欲求を乗り切って無理なく痩せる?マインドフル・ダイエットで「太らない脳」に
  • 欲求を乗り切って無理なく痩せる?マインドフル・ダイエットで「太らない脳」に
  • 欲求を乗り切って無理なく痩せる?マインドフル・ダイエットで「太らない脳」に
  • 欲求を乗り切って無理なく痩せる?マインドフル・ダイエットで「太らない脳」に
株式会社主婦の友社は、既刊本『無理なくやせる“脳科学ダイエット”』の4度目の重版が決定したことを発表しました。

マインドフル・ダイエットをわかりやすく解説



欧米を中心に流行しているマインドフルネス。このマインドフルネスを応用したマインドフル・ダイエットを行うことで、自分の脳を「太らない脳」に変え、運動することなく痩せられると言われています。

本書では、このマインドフル・ダイエットのメソッドを紹介。ダイエットに挑戦する男女5人のストーリー形式で、楽しくわかりやすく読める1冊となっています。

マインドフル・ダイエットにはさまざまな方法がありますが、全部をやる必要はなく、どれかひとつを取り入れるだけでも効果があるとのこと。

また、痩せるにはまず欲求に気づくことが重要であり、「マインドフル・ダイエットを行うことで欲求に気づき、それを乗り切る術が身に付くので、無理なく痩せることができる」と、著者は語っています。

【マインドフル・ダイエット例:「食前セレモニー」】



(1):食べる前に気持ちを整える。



(2):食べ物をよく観察し、それの「由来」を想像する((1)と(2)で30秒かける)。



(3)呼吸に注意を向け、それに伴う身体の感覚を意識する。
(4)「どれくらい食べたいのか」を10段階の数字で表す(空腹時バロメーター)。
(5)食べ物をじっと見たり、かいだりしたときの身体の反応を確かめる。
(6)「なぜ食べたいのか」に思いを巡らす。



脳が“間”に弱いことを利用して行う「食前セレモニー」では、食べる前に一拍待つことで、食べすぎを防ぐ効果が期待できます。

著者はマインドフルネスに詳しい医師


著者は、マインドフルネス認知療法などの最先端の治療を取り入れ、診療を行っている久賀谷亮(くがやあきら)さん。2010年からロサンゼルスにて開業し、現在も米国で医師として活躍中です。

主な著書には『世界のエリートがやってる最高の休息法』(ダイヤモンド社)などがあります。

書籍情報


■書名
『無理なくやせる“脳科学ダイエット”』

■著者
久賀谷亮

■価格
1480円+税

■出版社
主婦の友社

■発売日
2018年8月1日

詳細はこちら
《編集部》

関連記事

    page top