プロフェッショナルを支えるプロフェッショナル スポーツ選手の身体を支える、スポーツトレーナーの仕事

世界を股にかけて活躍するプロフェッショナルたち。そして、その舞台の裏では、彼らが最高のパフォーマンスを発揮するために心身ともにサポートをする「プロフェッショナル」が存在するのです。

スタディ 雑学
プロフェッショナルを支えるプロフェッショナル スポーツ選手の身体を支える、スポーツトレーナーの仕事
  • プロフェッショナルを支えるプロフェッショナル スポーツ選手の身体を支える、スポーツトレーナーの仕事
  • プロフェッショナルを支えるプロフェッショナル スポーツ選手の身体を支える、スポーツトレーナーの仕事
  • プロフェッショナルを支えるプロフェッショナル スポーツ選手の身体を支える、スポーツトレーナーの仕事
  • プロフェッショナルを支えるプロフェッショナル スポーツ選手の身体を支える、スポーツトレーナーの仕事
  • プロフェッショナルを支えるプロフェッショナル スポーツ選手の身体を支える、スポーツトレーナーの仕事
世界を股にかけて活躍するプロフェッショナルたち。そして、その舞台の裏では、彼らが最高のパフォーマンスを発揮するために心身ともにサポートをする「プロフェッショナル」が存在するのです。

スポーツ選手の身体の管理を行うスポーツトレーナー。西康博さんは大手マッサージ治療院を退職後、鍼・灸・あん摩マッサージ師の免許を取得。これまでさまざまなスポーツ選手のケア・治療を担当してきました。

2015年には東京・表参道に自らの治療院を開業し、さらに腕に磨きをかける西さん。プロのアスリートの仕事を支える、プロのスポーツトレーナーの仕事とは一体どんなものなのでしょうか?


はじめは好奇心からこの道を選んだ


-- 西さんはどういった経緯からスポーツトレーナーになることを志したのですか?

高校まではバスケットボールを行っていて、スポーツ好き。かねてから運動やスポーツに関わる仕事に就きたいと思っていました。一度は体育教師の道も考えたのですが、進学相談をしていた先生から「こういう仕事もあるよ」と紹介されたのが、スポーツトレーナーを養成する地元の専門学校でした。

進学したスポーツトレーナー科は2年制で、卒業までに、選手の筋力トレーニングなどをサポートする「トレーニング系」の道と、身体のケア・競技復帰のサポートを行う「アスレチックトレーナー系」の道に分かれていきます。私はアスレチックトレーナー系を選択し、卒業後はマッサージ治療院に就職しました。

-- トレーニング系ではなく、ケア・競技復帰のサポートを行うアスレチックトレーナー系を選ばれた理由は?

専門学校のとき、学生ボランティアで市民マラソン大会の出場者の身体をマッサージするという実習があったのですが、そのときの体験が大きかったですね。それまでパンパンだった選手の足の筋肉が、マッサージをすることで次第に柔らかく変化してゆく?。

それがただただ面白く、「なぜ柔らかくなるのだろう?」という疑問が生まれ、この世界に強く興味を持ちました。正直「人に喜ばれることだからやりたい」みたいな気持ちはあまりなくて、好奇心からこの道を選んだ、という感じなんです。


プロを支える一人として、オリンピックにも帯同


-- その後は、鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師の免許を取得。2015年4月には鍼灸・マッサージ治療院「ZERO PLUS」を開業されています。開業される前には、親交のあった柔道選手の身体のケアを担当するため、2012年ロンドンオリンピック・パラリンピックに帯同されたそうですね。これもなかなか貴重な経験だったと思いますが……。


柔道選手の帯同でロンドンオリンピック・パラリンピックに



はい。帯同した私の役割は、選手の身体の疲れを取るとか、痛みをやわらげるとか、関節を動かしやすくする……といったことでした。

とは言いつつも、オリンピック当日や直前まで選手の調子も良く、マッサージ師として私のやることは少なかったです。しかし、オリンピックに向けた選考会までは、怪我をしないように気を張ってマッサージやコンディショニングをしていました。オリンピックを目前にしたことはとても特別な経験でしたが、仕事としてはオリンピック前のほうがよい経験をさせていただいたと感じています。

-- 開業された治療院のこだわりは?

ここではすべて、マンツーマンで治療にあたっています。
お店の名前のとおり、お客さまの身体を“ZERO”に戻すことが、私の最初の仕事です。そこからさらに、スポーツ選手の結果、あるいは、お客さまの生活が“PLUS”になるよう、治療することを心がけています。そのためには、マンツーマンでしっかりと治療に専念するためのお店が欲しかったんです。

また、トップ選手になればなるほど、怪我の情報などがSNSで拡散される心配もありますし、選手にはそうした心配をしてほしくなかった。スポーツ選手の身体を治療するという責任を持つための、しっかりとした場所を作りたかったんです。それは一般のお客さまに対しても変わりありません。プライバシーを保ち、治療に専念することが大切なんです。




分野に限らず多くの知識を得ることが、さまざまなケースに生かされていく


-- 今でもスポーツ選手のケア・治療にあたられることがあると思いますが、主にどんな競技選手を担当されているのですか?

メインになっているのは柔道、競輪、陸上長距離、ゴルフなどの競技ですね。

-- さまざまな競技選手をマルチに担当されるとなると、勉強していくのも大変なのでは……。

たしかに勉強は大変です。でもこの先も、特定のスポーツだけに知識を特化させようとは思っていません。というのも、いろいろな競技選手の治療で得た知識・経験が、別の競技選手治療でも役立つことが多いです。

例えば、陸上長距離選手ならランニング障害が多くあります。柔道選手やプロゴルファーといった他の競技選手でも、ランニングのトレーニングを行っており、足に痛みが出たときに陸上選手を治療した経験・知識がとても役に立ちます。

-- スポーツ選手の身体をケアするうえで、どんな点にこだわっていますか?

1つ挙げるとすれば、“選手自身が持つ感覚”を大事にし、選手の心情に寄り添ったケア・治療にあたることです。

例えば、選手が試合前のウォーミングアップをしている様子から「肩の動きが悪いな?」と私が思ったとしても、選手自身が「いい感じ」と言えば、基本的には施術することはありません。逆に、自分から見て「いい動きをしているから施術は必要ないかな」と感じても、選手が「もうちょっとこういうふうに動かしたい」と言ってきたときは、施術をします。その選手の感覚を調整する技術はとても難しく、責任感のある、とても大変で重要な仕事であると感じています。

-- トレーナーが心情にも寄り添うというのは意外なお答えです。

試合に出場するのは選手本人ですし、スポーツ選手の寿命はとても短いんです。なぜ選手の心情に寄り添うようになったかといえば、少ない競技人生のなかで、絶対に試合に悔いを残してほしくないと思っているからです。選手が自分の身体に納得のいく状態で試合に挑むのと、何か気になることを引きずったまま試合に挑むのとでは心のあり方がまったく違ってきますし、そうしたことが試合内容・結果に表れてしまうと思うんです。


選手が常によい状態で試合に出場することは少ないと思います。むしろ怪我・痛みを抱え、不安もたくさん抱えたまま試合に向かっていく場合が多いのです。そのなかでたくさんの努力・苦悩を一番近くで見て、感じてあげられることもトレーナーの仕事。少しでも自信を持って試合に出場してほしいと思っています。


まとめ


西さんは「私は個人事業主ですから上司はおらず、評価するのはすべてお客さま」と話します。「だから常に全力でお客さまに対応するのが基本であり、お客さまのニーズに対して結果をどれだけ出すかがとても重要で、難しい職業だと思います。でも、この難しさがやりがいなのかもしれません」

今後は、オイルマッサージや世界中のさまざまな治療法を勉強したいのだそう。「そこからオリジナルの施術や、選手にとってプラスになる治療方法が生まれることがあるかも。でも、応用は基本の上に成り立つものだと思いますので、基礎基本は常に勉強し続けようと思います」と、明るく展望を話してくれました。
常に向上心を持ち、自分のスキルアップへの時間を惜しまない。それこそが、真のプロフェッショナルな働き方といえるでしょう。




識者プロフィール


西康博(にし・やすひろ)1983年福岡県生まれ。福岡県立中間高等学校を卒業後、福岡リゾート&スポーツ専門学校に入学。在学中に参加した市民マラソン後のケアルームでマッサージに興味を持ち、大手マッサージ治療院に就職・上京。東京医療専門学校にて鍼・灸・あん摩マッサージ師の免許を取得後、治療院での施術に加え、ナショナルチームのアシスタントなどを経験。その後、プロ野球チームのスプリングキャンプやプロスポーツ選手・実業団(柔道・陸上)・学生体育系(陸上・ラグビー)・プロゴルファーなどのケアを担当し、以前から親交のある柔道選手の帯同でロンドンオリンピックを経験。2015年表参道に鍼灸・マッサージ治療院「ZERO PLUS」を開業。


※この記事は2016/11/24にキャリアコンパスに掲載された記事を転載しています
《編集部》

関連記事

    page top