Facebookの利用実態から見る「血液型性格診断」-友達が多いのは「O型」、マメなのはA型

日本人が大好きな「血液型性格診断」。A型はマメな完璧主義タイプ。B型は何事にもマイペース。O型は社交性が高く凝り性…。なんてよく言われるけれど、その気質はFacebookの使い方にも表れるのでしょうか?

スタディ 雑学
Facebookの利用実態から見る「血液型性格診断」-友達が多いのは「O型」、マメなのはA型
  • Facebookの利用実態から見る「血液型性格診断」-友達が多いのは「O型」、マメなのはA型
  • Facebookの利用実態から見る「血液型性格診断」-友達が多いのは「O型」、マメなのはA型
  • Facebookの利用実態から見る「血液型性格診断」-友達が多いのは「O型」、マメなのはA型
日本人が大好きな「血液型性格診断」。A型はマメな完璧主義タイプ。B型は何事にもマイペース。O型は社交性が高く凝り性…。なんてよく言われるけれど、その気質はFacebookの使い方にも表れるのでしょうか?


友達数1位はO型、最下位はB型


まず友達の人数の多さで血液型をランキングしてみると、1位はO型(102人)、2位はA型(101人)、3位はAB型(95人)、そして最下位はB型(92人)となっていました。やはり社交性が高いとされるO型はFacebookでもその気質を存分に発揮していることが伺える結果となっていました。


しかし、利用頻度で見ると、利用していない率はO型が1位。SNSに興味を示さない人も多いといえそうですが、一度やり始めると持ち前の社交性の高さを発揮し、「自分からの情報発信」を他の血液型より積極的に行っているみたいです。


A型はFacebookでもマメ、B型はマイペース


ちなみにA型は利用頻度が「ほぼ毎日」を回答した人が最も多く、とりわけ家族や友人とのコミュニケーションを目的に使っているらしく、Facebookでもマメな一面を覗かせていました。友達人数が最も少なかったB型のFacebookの利用目的は、「仕事に関する情報収集」「仕事以外(趣味など)に関する情報収集」がともに他の血液型より高いことから、情報収集ツールとしてB型らしくマイペースに利用を楽しんでいることも浮き彫りになりました。

一方で「クール」と言われることの多いAB型は、Facebook利用の場でも同じようにとりわけ積極的な利用が伺えるデータが少なかったようです…。あしからず。

どうやらFacebookにおいてもそれぞれの血液型の傾向は一緒だといって間違いなさそうですね!

↓↓↓調査結果はこちら




※この記事は2013/05/24にキャリアコンパスに掲載された記事を転載しています
《編集部》

関連記事

    page top