12月は求人数、転職希望者数ともに例年と比べて高水準 「doda」が2018年12月の求人倍率レポートを発表

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」が、2018年12月の転職求人倍率についてまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表しました。

12月は求人数、転職希望者数ともに例年と比べて高水準 「doda」が2018年12月の求人倍率レポートを発表

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」が、2018年12月の転職求人倍率についてまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表しました。

転職求人倍率とは、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、「dodaエージェントサービス登録者(転職希望者)」1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です。

【算出式:転職求人倍率=求人数(採用予定人員)÷転職希望者数】

求人倍率や転職希望者数の結果は?


 


2018年12月の転職求人倍率は、前月と比べ+0.13ポイントの2.49倍という結果に。

求人数は前月比99.8%、前年同月比105.5%で、転職希望者数は前月比94.4%、前年同月比121.6%となりました。


業種別に見ると、「その他」を除く8業種のうち、「IT・通信」で求人数が増加。求人の増加率は前月比106.2%でした。

職種別では、「技術系(IT・通信)」「技術系(メディカル)」「専門職」「事務・アシスタント系」の4職種で求人数が増加しました。

増加率が特に高かったのは「事務・アシスタント系」(前月比106.0%)、「技術系(IT・通信)」(前月比104.8%)となっています。

今後は4月入社に向けて採用意欲が高まり、求人数も増加する見込み


12月の求人数は、年末の繁忙期で新たに人材募集を始める企業が少なかったものの、微減に留まりました。

11月から2ヵ月連続の減少となっていますが、減少幅は少なく、過去最大級の水準を維持。

転職希望者数も例年と比べて多く、12月に入っても多くの人が転職活動を行っていたことが分かります。

「doda」編集長である大浦征也氏によると、企業の中途採用への期待は引き続き高く、特に1月は4月入社に向けた採用がピークを迎えるため、求人が増加するとのこと。

今後の経済動向次第では、4月以降の採用計画を変更する企業が出る可能性はありますが、当面の間、求人数は過去最大級の水準が続く見込みです。

また、転職希望者にとっても、転職先の選択肢が非常に多い時期になると予想されています。

page top