「doda」が”残業時間”についての調査結果を発表 「減った」が「増えた」を上回る

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、「この1年で残業は増えたか、減ったか。その要因はどこにあるのか」について調査を行い、その結果を発表しました。

はたらく ライフハック
「doda」が”残業時間”についての調査結果を発表 「減った」が「増えた」を上回る
  • 「doda」が”残業時間”についての調査結果を発表 「減った」が「増えた」を上回る
  • 「doda」が”残業時間”についての調査結果を発表 「減った」が「増えた」を上回る
  • 「doda」が”残業時間”についての調査結果を発表 「減った」が「増えた」を上回る
  • 「doda」が”残業時間”についての調査結果を発表 「減った」が「増えた」を上回る
パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、「この1年で残業は増えたか、減ったか。その要因はどこにあるのか」について調査を行い、その結果を発表しました。

この調査は、20歳~59歳のビジネスパーソン3,000人を対象に行われたものです。

残業は、1年前とどう変わった?





「残業は、1年前とどう変わりましたか?」と質問したところ、 1年前に比べて「残業が減った」が26.3%、「増えた」が17.4%、1年前と「変わらない」が51.5% という結果になりました。

「変わらない」という回答が全体の過半数を占めているものの、「減った」と感じる人は「増えた」と感じる人を上回りました。

残業時間が「減った」「増えた」要因は?





「残業時間が減った要因」について、もっとも多かった回答は「会社の制度変更」(37.7%)でした。

「昔は、サービス残業があたりまえだったが、最近はなくなった」(メーカー/男性)「帰りは最近早くなった」(金融/女性)など、サービス残業を抑制する制度の導入によって残業が「減った」と感じている人もいるようです。

一方、「残業時間が増えた要因」については、 1位が「仕事が増えた」(63.2%)、2位が「人が減った」(32.4%)でした。

残業が増えた具体的な要因として、「(人員不足で)自分を含む一部のスタッフに残業のしわ寄せが発生している」(小売/男性)、「(会社は取り組みを行っているが)結局は朝早く出勤したり、昼休みを短縮したりしている。改革になっていない」(事務・アシスタント/女性)といった声が挙げられました。

「会社の制度変更」で残業が「減った」と回答した人の業種・職種の内訳は?





「会社の制度変更」によって残業が「減った」と感じる人の内訳を見ると、業種は「金融」(16.8%)が1位、「IT・通信」と「メーカー(機械・電気)」(ともに14.8%)が2位、「商社」(4.7%)が3位となりました。

残業時間を減らした社員や有給休暇を取得した社員にインセンティブを与える制度を導入したIT企業や、AIを活用することで誰でも業務が行える仕組み作りを行った保険会社など、社を挙げて残業削減に取り組んでいる企業で成果が上がっているようです。

職種別では、「営業職」(26.9%)が1位、「技術職(SE・インフラ・Webエンジニア)」(14.8%)が2位、「企画・管理」(13.5%)が3位という結果に。

営業支援システムや、電話やメールで営業を行うインサイドセールスの手法を取り入れた企業が増えていることも、「営業職」の残業削減に繋がっていると予想されます。

調査概要


■調査対象
20歳~59歳の男女

■雇用形態
正社員

■調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査

■実施期間
2018年6月

■有効回答数
3,000件
《編集部》

関連記事

    page top