"自転車で旅する"をテーマとした民泊施設がオープン 大阪の旅をクロスバイクで爽快に

FURUEL株式会社が、2019年2月1日より体験型民泊「CYCLESTAY(サイクルステイ)」を大阪市のJR環状線 京橋駅周辺にオープンすることを発表しました。

ライフ 旅行
FURUEL株式会社は、2019年2月1日より体験型民泊「CYCLESTAY(サイクルステイ)」を大阪市の京橋駅周辺にオープンします。

「CYCLESTAY」とは?


「CYCLESTAY」は、民泊利用者専用のクロスバイクが用意されている “自転車で旅する”がテーマの体験型民泊施設です。

【紹介動画】





施設内にはクロスバイクのほかにロードマップも用意されており、QRコードを読み込むとサイクリングロードをスマホへ登録することができます

そのため、道にあまり慣れていない人でも大阪各地の観光スポットやサイクリングロードをクロスバイクで巡ることが可能です。



内装は空き家をリノベーション


空き家をリノベーションして作られた内装には、自転車がモチーフとして取り込まれています。

日本の和や自転車を身近に感じながら、快適に宿泊することができます。





施設概要


■名称
「CYCLESTAY(サイクルステイ)」

■所在地
大阪市都島区都島中通3丁目1-15

■開業日
2019年2月1日

■アクセス
JR 環状線・東西線・学研都市線、京阪電鉄、大阪メトロ 各線「京橋」駅から徒歩8分

詳細はこちら
《編集部》

関連記事

    page top