【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入

今回はミズノの大阪本社に潜入取材を敢行! 日本のスポーツ界を、そして2020年東京オリンピックを陰から支えるミズノの“モノづくり”の現場を、早速のぞいてみましょう!

スタディ 雑学
【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入
  • 【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入
  • 【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入
  • 【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入
  • 【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入
  • 【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入
  • 【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入
  • 【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入
  • 【前編】ミズノが世界に誇るO・MO・TE・NA・SHIな開発現場に潜入

会社概要


名称:ミズノ株式会社
本社所在地:大阪府大阪市住之江区南港北1-12-35
設立:1906年
社員数:1,835名(2013年現在)
平均年齢:39歳
男女比:約8:2

1906年に創業者の水野利八氏が生活雑貨とともに野球ボールの販売を始める。1924年には「美津濃」として、初めて夏季オリンピックのオフィシャルウエアに採用され、現在のオリンピックのオフィシャルスポンサーの礎を築く。日本国内の事業にとどまらず、国際大会のサポートも行い、スポーツ文化の発展に寄与している。日本が世界に誇る老舗スポーツメーカー。

ミズノのココがスゴい!


1.ミズノを“体験”できる展示ギャラリーがスゴイ
2.トップアスリートと二人三脚で製品開発!
3.創業時から受け継がれる“モノづくり”マインド!

まだ記憶に新しい、2020年オリンピックの東京招致委による最終プレゼンテーション。日本中、そして世界中が7年後の夢の祭典に思いを馳せたあの瞬間、経済界の代表として壇上で雄弁をふるっていたのが、招致委員会副理事長である水野正人氏です。名前を聞いてピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、水野氏は何を隠そう、東京招致オフィシャルパートナーでもある、ミズノの前会長。名実ともに日本を代表するスポーツ用品メーカーとなったミズノですが、意外とどんな会社でどんな人が働いているかは、知らない人が多いのではないでしょうか?

そこで、今回はミズノの大阪本社に潜入取材を敢行! 日本のスポーツ界を、そして2020年東京オリンピックを陰から支えるミズノの“モノづくり”の現場を、早速のぞいてみましょう!

《編集部》

関連記事

    page top