【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開

ミライカンパニースタイルの第4回目は毎日の料理の味方、レシピ投稿サイトを運営するクックパッドのオフィスに伺いました。

スタディ 雑学
【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開
  • 【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開
  • 【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開
  • 【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開
  • 【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開
  • 【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開
  • 【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開
  • 【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開
  • 【前編】「食」が人を繋ぐ、クックパッドオフィスを大公開
会社概要

名称:クックパッド株式会社
本社所在地:東京都港区白金台
社員数:128名(2013年4月末)
設立:1997年10月
平均年齡:31歳
男女比:約6:4

150万以上のレシピが登録されている、日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」を運営する企業。まだインターネット黎明期の1997年に有限会社コインを設立し、翌年「kitchen@coin」という名称でレシピ検索・投稿サービスを開始。後に「クックパッド」に名称を変更。2009年に東証マザーズ、2011年には東証1部へ上場。現在、月間利用者数は2,000万人以上と利用者は増え続けている。


クックパッドのココがスゴい!


1) 誰より社員がクックパッドのヘビーユーザー
2) 個性派揃いなのになぜか抜群のチームワーク
3) レシピ付き名刺に、社内キッチン、「食」が人を繋ぐ



プラチナ通り沿いのお洒落なオフィスビル


ミライカンパニースタイルの第4回目は毎日の料理の味方、レシピ投稿サイトを運営するクックパッドのオフィスに伺いました。オフィスの所在地は、港区白金台。緑に囲まれた閑静な住宅街で、周囲にはお洒落なカフェやレストランが並んでいます。職住接近を実現できる立地を選んだとのこと。近所にスーパーがあり、クックパッドのターゲットである主婦層が住んでいるというのも、白金台をオフィスに選んだ理由の一つなのだそうです。


社員の顔写真が出迎えてくれるエントランス



エレベーターで受付へ。緑が置かれ、とても清潔感のある雰囲気。

受付を通り抜けると、社員の方々の顔写真が飾られています。[一目でわかる]を重視する文化で、エントランスもどんな会社か一目でわかるエントランスを目指しているそうです。


いつでもどこでも打ち合わせができるオフィス




クックパッドの特徴の一つが「ホワイトボード文化」。壁一面がホワイトボードになっていたりと、社内のあらゆる場所にホワイトボードが設置されていました。会議室の机の天板にまでホワイトボードが敷かれており、社員の皆さんが思い思いにアイディアを書き出し、どこでもディスカッションできる環境が整っています。


お昼には自然と社員が集まるキッチン




打ち合わせスペースのすぐ横にある大きなオープンキッチン。このキッチンは社員であれば誰でも、いつでも、自由に使えます。お昼の時間になると、とても賑やかになり、みなさん楽しそうに料理を始めていました。食材は会社が補充しているそうで、新鮮な野菜も揃っています。

またユーザー目線を意識し、キッチンは業務用でなく家庭用のものが使われています。コンロはIHヒーター、炊飯器やパン焼き機も一般の家庭にある設備が揃っていました。



実は別の階にも広々としたキッチンを完備。社内にキッチンが2つもあるなんて、クックパッドならではですね。


光が差し込む、気持ちの良い執務スペース




こちらが執務スペース。全面ガラス張りの外壁から差し込む光と、緑がとても気持ちのいい空間です。壁にはチームごとに掲げた目標が絵で貼られています。バランスボールに座ってPCに向かっている方がいたりと、皆さん思い思いのスタイルで仕事をされていました。


地上6階の自転車置き場




6階に上がると、自転車通勤の方々の自慢の愛車が並んでいました。15km圏内から自転車通勤をすると手当がつくという福利厚生があり、現在20名ほどの方が利用しています。



自転車置き場の付近には自由に使える休憩スペース。さまざまな雑誌が置かれていたり、PC用の充電器が常備されていたり、リラックスチェアに座ってくつろぐ社員の方々の姿が想像できます。

※この記事は2013/08/12にキャリアコンパスに掲載された記事を転載しています。
《編集部》

関連記事

    page top