【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!

今回は、『∞プチプチ』シリーズなど次々とヒット商品を企画した高橋さんに商品誕生の裏話や、ヒット商品のアイデアを考えるコツなどについて、高橋さんが手掛けた最新アイテムを紹介してもらいながらお伺いしました。

スタディ 雑学
【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!
  • 【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!
  • 【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!
  • 【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!
  • 【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!
  • 【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!
  • 【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!
  • 【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!
  • 【後編】アイデアマンの宝庫・老舗玩具メーカーバンダイに潜入!

会社概要




名称:株式会社バンダイ
本社所在地:東京都台東区駒形1-4-8
設立:1950年
社員数:1,162名(2013年4月末現在)
平均年齢:36歳(2013年9月末現在)

1950年7月に創業。玩具はもちろん、模型、玩具菓子、カプセルトイ、カードなどさまざまな事業を展開。ターゲットも子どもから大人まで裾野を広げ、今なおチャレンジし続ける国内の先進的企業。

バンダイの事業において欠かせない新商品開発。今回は、『∞プチプチ』シリーズなど次々とヒット商品を企画した高橋さんに商品誕生の裏話や、ヒット商品のアイデアを考えるコツなどについて、高橋さんが手掛けた最新アイテムを紹介してもらいながらお伺いしました。




ネタの考案数、年間1000本。『∞プチプチ』を生み出せた背景とは?


--玩具メーカーに入社した理由は、やはり玩具が好きだったからですか?

「実は、特別好きだったというわけではないんです(笑)。ただ、自分は昔から一貫して『人を楽しませること』に興味を持っていました。大学時代も落語研究会に所属して、“笑い”について研究していました。就職先を考える際にも、人を楽しませる仕事とは何か、自分のアイデアを生かせる仕事とは何かを考えて、今の仕事を選んだんです」



--一大ブームになった『∞プチプチ』シリーズを考案されたとのことですが、どこから着想を得たのでしょうか?

「単純に会社に荷物が届く際に梱包されている梱包材を見てですね。これを玩具にしたら面白いのではとひらめいたからです。誰もが小さいころプチプチを潰すことに熱中した経験があるはずなので、キーホルダーにして、いつでもどこでも気軽にプチプチ潰しができる仕組みをつくれば、かつてプチプチで遊んだ大人たちが買ってくれるのではないかなと思ったんですよ。ただ、この商品が生まれたのは、ボツネタ含めて年間1000本以上の玩具を考えていたからこそなんです」

--「それは一体どういうことなのでしょうか。

「新人時代、私は上司から月100本のネタを考えるよう指示されていました。ですが、自分が面白いと思えるものを提案しても、既に過去に販売されているものと似ていたり、新鮮さがないものが生まれてきてしまうのです。しかも毎月100個のアイデアを考えるためには、ずっと自分のデスクで頭を捻っていても、とてもじゃないけど間に合わなかったんです。でもなんとかしてネタを考えて、提案しないといけない。そうした厳しいトレーニングの中で、どうしたら企画の種を量産できるかについて考えたときに『目に映るもの全てを玩具のアイデアにしてやろう』と思いついたんです。そういうアイデア発想法が習慣的に身に付いていたから、プチプチを見たときに、瞬時にアイデアが思いついたんです。野球でいう1000本ノックをやって、自分なりのアイデア発想法が構築されたことで浮かんだアイデアなんですね」

《編集部》

関連記事

    page top