【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!

創業以来、堅実に業績を伸ばしてきたLIGさんが、なぜ今、急成長を遂げているのか。その秘密に迫るべく、台東区にあるオフィスにお邪魔してきました!!

スタディ 雑学
【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!
  • 【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!
  • 【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!
  • 【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!
  • 【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!
  • 【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!
  • 【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!
  • 【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!
  • 【前編】自宅みたいなオフィスで、遊ぶように働く! 今、一番会いたいWeb制作会社、LIGに潜入!!

「社長が砂に埋められる!」「コーポレートサイトで結婚相手を募集?」、これだけ聞くとユニークというより、もはや破天荒!?ですが、なぜかLIGさんには現在仕事の依頼が殺到中! 創業以来、堅実に業績を伸ばしてきたLIGさんが、なぜ今、急成長を遂げているのか。その秘密に迫るべく、台東区にあるオフィスにお邪魔してきました!!


砂に埋められるか、納豆まみれになるか。社長の究極の選択。


LIGさんの本社は東京都台東区。調理道具の問屋街で有名な合羽橋通りに面したビルの一室にあります。自社コーポレートサイトで「東京都上野にあるWeb制作会社」と掲げているように、社長、副社長、取締役と会社の経営陣が台東区在住という地元をこよなく愛する企業です。



メディア事業部、ディレクターチーム、デザイナーチーム、プログラマーチームを合わせて総勢30名の社員がワンフロアに席を並べます。実は同社、営業職は一人もいないとのこと。ではどうして今、制作依頼が殺到しているのでしょうか?

「LIGのコーポレートサイトは月間150万~200万PVあります。そこから制作に関する問い合わせが月に40~50件ほどあるので、営業がいなくても仕事の依頼を頂くことができるのです。」(LIG 広報担当 竹内紳也さん)

実はこれこそが、LIGさんの急成長の秘密。もともとはWebサイトの制作のみを手掛けていた同社が広報のためにブログを始めたところ、ある記事をきっかけに大ブレイク!! とある企業から広告を掲載したいという依頼があったことをきっかけに、自社サイトの広告枠を販売し始めたところ、それも大盛況で、今では収益全体の5分の1を占めるほどなのだとか!


LIGさんのブレイクのきっかけはコレ!!


LIGブログ『全く予想外だった。バズった伝説のウェブデザイナー募集記事のあれこれ』より抜粋


昨年の9月に公開した『<伝説のウェブデザイナーをさがして』という記事が話題に。デザイナー不足に怒った社員がクーデターを起こし、社長を砂に埋めるというストーリーがソーシャルメディア上で拡散し、それまで18万PVだった自社コーポレートサイトが90万PVにまで膨れ上がる。別で納豆まみれになる案もあり、社長が砂に埋められる方を選んだのだとか。


LIGオフィスは“遊ぶ”ように働く


以降も次々とヒット記事を飛ばし続けるLIGブログ。さまざまな名物社員の方々がイキイキと活躍する様子は、まるで仕事で遊んでいるかのよう。

「実は、それがポイントなんです。モチベーションの維持と、面白いアイディアを出し続けるために、オンとオフを切り分けないという考えで働いています。そのため良いか悪いかは別にして、LIGのオフィス自体も「オンとオフを切り分けない」というコンセプトで、出来ています。業務時間内に仕事が終わるのであれば、仕事時間中に漫画を読んでもOKです。」(同)



社員が持ち寄った私物の漫画が収納されている本棚。漫画的表現が多用されるLIGブログでは非常に参考になるのだとか。『ジョジョの奇妙な冒険』は広報の竹内さんの私物。



今年の2月に中古で購入しました。主に金曜日の飲み会などのタイミングで遊びますが、たまにお昼休みなどに息抜きで投げることもあります。



ソファーやテレビが設置されており、ミーティングや休憩場所としても使用できる多目的スペース。




スーパーファミコンからPS2、PS3などさまざまなゲーム機。主に皆が遊ぶのはPS3で、LIG内で人気なのは、ウイニングイレブンやストリートファイター4。

確かに20代、30代の若者の背伸びしない等身大の「好き」がたくさん詰まったオフィス。だからこそ飾らない面白系の記事のアイデアが出てくるのかもしれません。


LIG社内で覇権を争う3つのお昼派閥


取材も後半に差し掛かると、時間を気にされている様子の竹内さん。実はその理由がこちらの炊飯器にあります!



「海外から来ている人を海外勢と言いますが、うちには「米」に「勢い」と書いて「米勢(こめぜい)」という米を食べるグループがあります。米勢の所属はおよそ10人くらいで、あとはコンビニ勢と外食勢がいます。コンビニ勢は好きな時間におにぎりとか好きなものを買ってきて食べながら仕事をする人たちで、一番ストイックな人たちですね。それに対して、米勢は13~14時の間に米を食べるって時間が決まっています。米は会社からの支給、福利厚生ですね!」

次々と飛び出してくる面白い話に熱中するあまりに、取材時間がオーバーし、米勢の方の昼食の時間に差し掛かってしまっていたのです(すみませんでした!)。

取材を終えて会社から出るときに、満面の笑みでおかずを買いに行く米勢の方々とすれ違いました。台東区という土地に根付き、遊ぶように、暮らすように働くLIGの皆さん。社員の方々の個性が光る自社ブログは、そんな環境だからこそ生まれるのかもしれませんね!

※この記事は2013/09/09にキャリアコンパスに掲載された記事を転載しています。
《編集部》

関連記事

    page top