仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」

今回は、「もやしの肉巻きバター醤油炒め」のレシピをご紹介します。

はたらく ライフハック
仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」
  • 仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」
  • 仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」
  • 仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」
  • 仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」
  • 仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」
  • 仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」
  • 仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」
  • 仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理!シャキシャキ食感で大満足「もやしの肉巻きバター醤油炒め」
お手軽で使い勝手もよく、お財布にも優しい”もやし”。「いざという時のお助け食材」「めんどくさい時にとりあえずレンチンして食べてます」という声もよく聞きます。

しかし、もやしは淡泊であっさりしているので、いまいち満足感が得られない……と感じる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「もやしの肉巻きバター醤油炒め」のレシピをご紹介します。もやしを豚肉で巻いてバター醤油で味付けすることで、一気にがっつりメニューに早変わりします。

基本はレンチンしたもやしを巻いて焼くだけなので、10分もあればできちゃいます!



<材料>
・豚ロース薄切り肉……200g程度
・もやし……1袋
・小麦粉……大さじ3~4程度(豚肉にまぶせるくらいの量)
・醤油……大さじ1
・バター……10g(10gずつ切れてるバターが便利!)

<作り方>
1、もやしを洗ってラップをし、2分ほど加熱します。



2、豚肉に塩コショウをふり、もやしを巻きます。



3、だいたい均等になるように、全部巻いていきます。コツは、隙間を作らずしっかりと巻きつけること。



4、まんべんなく小麦粉をまぶします。



5、油(分量外)をひき、4を焼いていきます。



6、豚肉がこんがり焼けたら、バターと醤油を絡めて完成です!





シャキシャキとしたもやしの食感と豚肉、バター醤油のガツンとくる味で、お手軽なのにボリュームもばっちり。物足りなさは感じません。肉巻き料理はいろいろありますが、もやしなら包丁を使う手間もないので楽チンです♪

―――


これなら、忙しい時や疲れた日でも挑戦できるのではないでしょうか。余裕があれば、一緒にシソや梅を巻くのもオススメです。

バター醤油のほかにもカレー粉やポン酢、市販のドレッシングなど、いろいろな味付けと合うので、ぜひお好みの肉巻きに仕上げてみてください。

≪レシピ考案、調理、文=きこなび(月乃雫)≫

【仕事で疲れて帰ってきたときの時短料理シリーズ】
《編集部》

関連記事

    page top