【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代

連載第2回目の今回は、お笑い芸人のやさしいズ、タイさんが登場。教員免許を取得し、全国大会第3位の空手の実力者でもあるタイさんは、なぜ広告代理店に入社したのか――そして、なぜビジネスマンの道を捨てて、芸人を選んだのか――。

はたらく ライフハック
【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
  • 【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
  • 【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
  • 【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
  • 【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
  • 【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
  • 【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
  • 【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
いま、新たな舞台で活躍しているあの人にも、実はビジネスマンとして会社勤めをしていた日々があったそうです。

しかし、なぜ彼らは会社員を続けなかったのでしょうか。ただ単に彼らは向いていなかったのでしょうか。どんなビジネスマンだったのかを訊いてみました――。

連載第2回目の今回は、お笑い芸人のやさしいズ、タイさんが登場。教員免許を取得し、全国大会第3位の空手の実力者でもあるタイさんは、なぜ広告代理店に入社したのか――そして、なぜビジネスマンの道を捨てて、芸人を選んだのか――。

お笑い芸人┃やさしいズ・タイ
1985年生まれ。東京都出身。吉本興行所属のお笑いコンビ・やさしいズのボケ担当。日本大学卒業後、約2年間旅行系の広告代理店に勤務。その後16期生として、NSC東京校に入学する。中学・高校の保健体育の教員免許、空手の全国3位経験を持つ。


「芸人になるなら私を殺してからにしなさい!」母の言葉で会社員に





――新卒からの会社員生活と聞きましたが、就活は頑張ったほうですか?

タイ:いえ、まったく(笑)。芸人になりたい、就職しなきゃ、教員試験でも受けようかと、考えがふらふらしていたのでほぼしていなかったです。

――そのまま芸人を目指さなかったのはなぜでしょう。

タイ:こう見えてすごく育ちがいいんですよ。(笑)母親は教育ママで……。

――えぇっ!?

タイ:そういう家庭なので「お笑い芸人になりたい」と言ったら、「そんなのは許さない! 私を殺してからにしなさい!」って。「面倒くさっ」って感じでしたよ。



――いやいや、育ちを聞けば当然です。

タイ:仕方がないので、就職してお金を貯めて家を出てから芸人になろうと思ったんです。その間に、熱が冷めたらそれまでだと思っていましたし……。

――それでしっかり内定を取りつけて。

タイ:ラッキーだったんです。僕はずっと空手をやっていて、その枠で付属大学の体育学科にも入れたんですけど、その年、僕が受けた会社は「ザ・体育会系」みたいなタイプが少なくて、空手で全国3位の経歴が気に入られたんです。

――仕事内容はどんな?

タイ:旅行代理店が主な取引先の広告制作会社でした。旅行のパンフレットやポスターをよく作っていましたね。営業して、内容を詰めて、クリエイティブの部署に投げるみたいな企画営業ですね。



「ウケたらOK」の大阪文化、「女性は褒める」は全国共通





――勤務地は地元の東京ですか?

タイ:それが「転勤はないよ」と言われていたんですけど、入社後2ヶ月で大阪に異動ですよ! でも、幹部候補みたいな育てられ方をしたので、新人なのにちょっといいタクシー乗れたり、手取りもよくて。

――エリートじゃないですか! でも、「関東人が大阪で商売をするのは大変」とよく聞きますけど、そこはどうでしたか?

タイ:入社してすぐ、「大阪人は本当のことを言わない、マジで気を付けたほうがええで」と、大阪出身ではない関西の方に注意を受けたことがあって。最初はビクビクでした。

――実際はどうでしたか?

タイ:「ウケたらOK」という文化は本当で、そこに助けられたというか、逆にラクでしたね!(笑)

――たとえば?

タイ:遅刻しそうなのにエレベーターが全然来なくて、仕方なく9階のオフィスまでダッシュしたんですよ。でも、やっぱり遅れちゃって、東京育ちにとっては恐ろしい関西弁で上司に怒られて。しょんぼり席に着こうとしたら、今度は「なんや、そのスーツは!」ってまた呼び止められたんです。よく見たら、ズボンの真ん中が思いっきり破れていて……。

――あらら。

タイ:その状況のなかで「おまえ、どんだけ急いでんねん!」と先輩がツッコんだらフロアがどかーんとウケたんです!上司も「もうやめさせてもらうわ!」みたいな雰囲気で和やかに終了しまして。そのときに、なんかいい文化だな~と思いましたね(笑)

――ははは! それはいい文化ですね。でも業界的に仕事もハードだったんじゃないですか?

タイ:勤務時間はどうしても長くなっちゃいますね。繁忙期は夜中の1~2時なんてザラでした。



――辛いことも多かった?

タイ:20~30代の女性が多い職場だったので楽しい部分はあるんですけど、露骨に派閥があったのがキツかったですね。しかも幹部候補生だったので、新入社員なのに4つのチームを見る事務仕事もあって。「仲がいいから、〇〇さんチームに甘いんでしょ?」みたいなことをチクチク言われるから、「そんなことないですよ~」って全員に愛想を振る舞わなきゃいけない。

――女性の扱いはうまくなりました?

タイ:とにかく褒めまくりましたね! ちょっとのことでも100倍にして褒めると、みんな嬉しそうにしてくれるんです。僕が年下だったこともあると思うんですけどね、「若い子が褒めてくれたわ」みたいな。

――完璧な幹部候補じゃないですか!

タイ:あとは、出張に行ったらちょっといいお菓子を買って帰ること。全員に回るように多めに買っておくのがポイントです。

――お土産のセンスって大事ですよね。

タイ:東京土産だったらオシャレでかわいくて、ちゃんと美味しいもの。地方だったらベタな名産品。広島なら生地が柔らかい「生もみじ」饅頭がウケます。スイーツ情報はこまめにチェックしていましたね(笑)。


接待もパーフェクトにこなす勤勉な広告マン





――取引先とはどうでした? 業界的に体育会系っぽいですが。

タイ:そうですね、がっつり体育会系で。飲みに行くと毎回朝の4時とか5時でした。でも、そこまで付き合いきれれば気に入ってくれるんで、あとはノリの良さが大事。

――とくに失敗もなく。

タイ:ありました。入社してすぐに同席した接待で、クライアントの社長が手品を始めたんですよ。でもクオリティが低すぎて……それがツボに入っちゃって……。すっごい真剣にやっているのに、爆笑しちゃいました! 横で同席した先輩は「すごいですね、社長!」とかやっているのに(笑)。



――太鼓持ちも難しいですよね。

タイ:それはありますね。「わざとらしい」と言って機嫌が悪くなる人もいるので。なので、初対面では距離感を考えながら飲んでました。仕事では、広告制作するうえで顧客ごとの表現やデザインの好み、お酒の好みなどをエクセルでまとめて管理してましたね。「趣味は手品」とか(笑)。

――めっちゃできる新入社員じゃないですか! これだけは無理だったとかありますか?

タイ:う~ん、ゴルフだけは頑なに拒否しましたね(笑)。休みの日まで接待とかイヤじゃないですか。なので、「やりたいのは山々なんですけど、空手時代にヘルニアやっちゃって……」と嘘をついていました。芸人になるためにお金を貯めたかったですし、接待とはいえゴルフは自腹ですから。

先輩なんて、業務時間中にサボって打ちっぱなし行って練習してましたから。こっちからしてみれば、仕事のゴルフのために仕事サボって、身銭まで切って休日返上って何してんだって感じですよ(笑)。


後編に続く:【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 やさしいズ・タイ┃ 美味しいご飯もタクシーも…今だから感じる会社勤めのありがたみ

【連載】あの人だって元ビジネスマン!
〇ダニエルズ・あさひ┃破天荒な会社員時代 浮気がバレてホームレス状態になったことも
〇ダニエルズ・あさひ┃「商談ブッチ」で褒められる!天性の怒られないキャラ

文/富山英三郎 撮影:佐坂和也
《編集部》

関連記事

    page top