【Excel】あなたのExcelレベルはどれくらい?レベルチェッククイズ Vol.1

あなたのExcelレベルを図るチェック問題を初級~上級までいくつかご用意しました。自分のExcelレベルを知りたい方はもちろん、ちょっとした暇つぶしにもなるのでぜひチャレンジしてみてください。

【Excel】あなたのExcelレベルはどれくらい?レベルチェッククイズ Vol.1

今回は、あなたのExcelレベルを図るチェック問題を初級~上級までいくつかご用意しました。自分のExcelレベルを知りたい方はもちろん、ちょっとした暇つぶしにもなるのでぜひチャレンジしてみてください。

Excelレベルチェック問題 【初級編】


まずは初級です。いずれもExcelの基本知識なので、覚えておきたい内容です。

初級のショートカットをチェック

 

f:id:okazaki0810:20190920101944j:plain


【解答】
Q1. 置換
Q2. 文字を太字にする
Q3. 名前を付けて保存

【解説】
知っておくと便利なショートカットキーを出題しました。「Ctrl+H」は置換(指定の文字列を探し、別の文字列に置き換える)のダイアログボックスを表示してくれるショートカット。

「Ctrl+B」は文字を太字にするショートカットで、強調したいセルに使います。キーボード上部にあるファンクションキー「F12」は、一発で名前を付けて保存ができるのでとても便利です。

この3つのショートカットキーはExcelだけでなく、Wordやパワポなどほかのアプリケーションでも使用できるコマンドなのでぜひ覚えておきましょう。

参考URL:これだけは覚えておきたい!Excelでマウスを使う頻度が減る?ファンクションキーの使い方

初級の表作成テクニックをチェック

 

f:id:okazaki0810:20190920102016j:plain

【解答】
・通し番号が順番になっていない(A4セル)
・日付の表示形式が違う(B5セル)
・何も入力されていないセルが含まれている(E3セル)

【解説】
それぞれの点について、修正すべき理由を説明していきます。

まず「通し番号」ですが、数字が昇順(もしくは降順)になっていたほうが、表としては完成度が高いと言えます。行を入れ替えたときに、順番が崩れることがよく起きるので注意しましょう。

これを防ぐテクニックとして、「上のセルに1を足す計算式を入れる」という方法があります。先頭のA2セルには「1」を、A3には「=A2+1」を入力して、A3セルを下までコピーすると行の入れ替えをしても、常に昇順が維持されます。

続いて2点目ですが、表では表示形式をそろえるのが基本です。もし異なる形式のセルが含まれていると、ソートがうまくかけられなかったり、計算が正しくされなかったりするので気をつけましょう。

空欄セルについては、たとえ入れるべき内容がなくても「0」「なし」「-」などを入力するようにします。空欄が含まれていると表示形式の場合と同様に、表の扱いがうまくいかないことがあるので注意しましょう。

参考URL:【Excel】表作成を時短で済ますためには?必要な5つのコツ

Excelレベルチェック問題 【中級】


初級は簡単だったという方は、中級問題にもトライしてみてください!

中級のExcel知識をチェック

 

f:id:okazaki0810:20190920102057j:plain


【解答例】
作業グループ機能を使って修正します。
※手順
1. Ctrlキーを押しながら、「東京本社」「大阪支店」「名古屋営業所」3つのシートのタブを複数選択する
2. C3セルを「第2四半期→第二四半期」に修正する
3. シートの複数選択を解除する

【解説】
作業グループ機能とは、1つのシートに行った操作を同時選択している複数のシートにも同様の操作を行う機能です。上記のように体裁の同じシートを一斉に修正・編集したいときに使います。詳しい使い方は以下の記事で解説しているので、ぜひご一読ください。

参考URL:【Excel】「作業グループ」って知ってる?複数のシートを一度に編集できる便利な機能

中級のExcel関数をチェック

 

f:id:okazaki0810:20190920102109j:plain

【解答】
式:=ROUND(AVERAGE(B2:E2),0)
答え:79

【解説】
値の四捨五入をする場合には、ROUND関数(ラウンド関数)を用います(式:=ROUND (数値,桁数))。問題では平均結果を四捨五入したいので、ROUND関数のなかにAVERAGE関数(アベレージ関数)を入れ込みます。

ROUND関数において、桁数に入力する数字は「0」で小数点以下を四捨五入、小数第二位以降は「1,2,3…」、逆に1の位以上は「-1,-2,-3…」という決まりになっています。

参考URL:【Excel】計算は合ってるのに合計が違う? そんなときに使える! 端数をまるめるROUND関数

Excelレベルチェック問題 【上級】


最後は上級問題です。これが答えられれば、かなりのExcel上級者かもしれません。

上級のExcel知識をチェック

 

f:id:okazaki0810:20190920102125j:plain

【解答】
スパークラインを使います。
※手順
1. F3~F5セルを選択する
2.「挿入」タブ→スパークライン内にある「折れ線」を選択する
3.(ダイアログボックスの)データ範囲に「B3:E5」を指定する
4.「OK」をクリックする

f:id:okazaki0810:20190920102139j:plain


【解説】
スパークラインはセル内にミニグラフを表示させるExcelの機能。具体的な数字とデータの傾向が一目で分かるのが特徴です。使える人はそう多くはないので、覚えておくと「この人、デキる!」と思ってもらえるかもしれませんよ。

参考URL:【Excel】スパークラインって知ってる?表を見やすくする超便利な機能

答えられなかった人も、これを機会にExcelを勉強しよう


初級・中級・上級とレベル別にExcelの問題を出題しました。たとえ答えられなくても、今から勉強すれば大丈夫。まずは今回出題した関数や知識を覚えて使えるようにしましょう。改めて今回紹介した参考記事を載せておきますので、あわせてチェックしておきましょう。

【Excel】あなたのExcelレベルはどれくらい? 初級・中級編
【Excel】あなたのExcelレベルはどれくらい? 上級編
Excel(エクセル)記事まとめ

page top