内定式に参加したけど入社したくない…内定式参加後の内定辞退ってアリ?

「企業から内定をもらい、内定式も出席した。でもやっぱり違うな……」。そんな違和感から、内定辞退を考える人もいると思います。果たして、このタイミングで辞退することはできるのでしょうか。法律的な観点、お断りするときのマナーについてお伝えします。

内定式に参加したけど入社したくない…内定式参加後の内定辞退ってアリ?

「企業から内定をもらい、内定式も出席した。でもやっぱり違うな……」。そんな違和感から、内定辞退を考える人もいらっしゃると思います。

果たして、このタイミングで辞退することはできるのでしょうか。法律的な観点、お断りするときのマナーについてお伝えします。

内定はいつまで辞退できるのか


 

第二志望の企業に内定承諾書を出した後に第一志望からも内定が…法的に辞退は可能か


就職活動を経て企業から内定を得ると、内定式よりも前に、まず「内定承諾書」が送られてきます。この書類は、「就職活動生が、企業が出した内定を受け入れるかどうかの意思を確認する」ためのものです。企業から内定が出たら、多くの場合、内定承諾書の提出を求められます。

ここで悩む就活生は少なくありません。第一志望の企業からの内定承諾書なら悩むことなく提出するでしょうが、そうでない場合は、「第一志望の企業に入れる可能性を捨てるのか」「でも、第一志望の企業に落ちたら、第二志望とはいえ内定承諾書を出さないと困るのではないか」と考えてしまうからです。

そして、多くの就活生が、たとえ第二志望(以下)の企業であっても、内定承諾書を提出するものです。

f:id:okazaki0810:20190930141909j:plain

そのあとに、第一志望の企業からも内定を得たら、当然、先に内定承諾書を提出した企業からの内定を辞退したいと思うでしょう。では、それは可能なのでしょうか。

結論としては「可能」です。なぜなら、内定承諾書には法的な効力がないからです。これは、「内定」そのものにも同じことが言えます。

企業との雇用契約はいつ交わされるのか


内定承諾書を提出した後には、「内定式」が待っています。これに参加したら、必ず入社しなくてはならないかというと、そうではありません。内定式の時点では、まだ企業と雇用契約を交わしていないことを認識しておいてください。

つまり、内定式に参加した後も、内定の辞退は可能ということになります。

内定辞退の連絡をするときのマナー、気を付けるべきこと


 

企業も覚悟を決めて内定を出している


とはいえ、内定を出してくれた企業側への配慮を忘れてはいけません。企業側は、自社の経営状況や組織としての運営状況などを鑑みて、綿密な採用計画を練ります。そこに費やすコストや時間、エネルギーは莫大なものです。

数多くの入社希望者の中から、あなたに魅力を感じて、企業も覚悟を決めて内定を出していることを忘れないでください。

できるだけ早く辞退の旨を伝えよう


それを考えると、内定承諾書の提出後も、内定式の参加後も、できるだけ早く辞退の旨を伝えるのが社会人としてのマナーです。遅くなればなるほど、企業に迷惑がかかります。法的な拘束力がないとはいえ、マナーは守りましょう。

辞退の旨は、まずはメールで伝えます。このとき、決して企業側のせいにはしないでください。メールで伝えた後は、電話か対面でも伝えるとよいでしょう。

辞退を伝える前に、「なぜ辞退をしたいのか」をいま一度冷静に考えることも大切です。就職は、あなたの人生を左右します。後悔のない決断をしましょう。

人財育成トレーナー
美月あきこ

CA-STYLE主宰。人財育成トレーナー。オールアバウト「ビジネスマナー」ガイド。日系・外資系双方の国際線客室乗務員の経験を活かし、人財育成会社を起業・経営。『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』など著書多数。
page top