【Excel】朗報!これでVLOOKUPいらず!? 新たに登場するXLOOKUP関数とは?

先日発表された、VLOOKUP関数とHLOOKUP関数の欠点を解消してくれる新たな関数、「XLOOKUP関数(エックスルックアップ)」を紹介します。

【Excel】朗報!これでVLOOKUPいらず!? 新たに登場するXLOOKUP関数とは?

VLOOKUP関数とHLOOKUP関数は、検索/行列の中でもっともメジャーな関数といってもいいでしょう。これらはMicrosoft Excel(以下、Excel)に搭載されている関数で、実務でもよく使われます。

さらに、先日発表された「XLOOKUP関数(エックスルックアップ)」は、VLOOKUP関数とHLOOKUP関数の欠点を解消してくれる新たな関数です。

この記事では、従来から使われているVLOOKUP関数とHLOOKUP関数の違い、そしてXLOOKUP関数の特徴を解説してきたいと思います。

 

VLOOKUP関数とHLOOKUP関数



まずはVLOOKUP関数とHLOOKUP関数について説明していきます。

 

VLOOKUP関数とは?



VLOOKUP関数は、指定した範囲の中から検索条件に一致するデータを引っ張ってくる関数
です。式は「=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, 検索方法)」で定義されており、引数は4つ。

この関数は言うなれば、表やデータベースなどにおいて、指定した範囲内(2番目の引数)で、左端の列に含まれている検索値(1番目の引数)を探し、その行の指定された列番号(3番目の引数)にあたるセルの中身を求める関数です。

と言ってもよくわからないと思うので、例を出して説明していきます。たとえば、以下のような「田中さんの算数の点数」を探したい場合。検索値は「田中」が入力されているA4セル、範囲は表全体(A1:D4)、列番号は算数の列にあたる「3」を入力します。

4番目の引数には、「TRUE」か「FALSE」を指定します。「TRUE」は検索値と完全一致するものがない場合、近似値のデータを引っ張ってきます。一方、「FALSE」は検索値と完全一致するものがない場合はエラー表示となります(省略すると「TRUE」扱いになります)。

検索値はたいていの場合、完全一致である必要があるため、「検索方法はとにかくFALSE」と覚えてしまっても差し支えないと思います。

 

HLOOKUP関数とは?


VLOOKUP関数は検索値を「列(縦)」で探しましたが、HLOOKUP関数は「行(横)」で探します。

式の定義は「=HLOOKUP(検索値, 範囲, 行番号, 検索方法)」となっており、VLOOKUP関数とほぼ一緒です。

同様に、HLOOKUP関数は言うなれば、表やデータベースなどにおいて、指定した範囲内(2番目の引数)で、上端の行に含まれている検索値(1番目の引数)を探し、その列の指定された行番号(3番目の引数)にあたるセルの中身を求める関数です。

列が行に変わっただけでほかはVLOOKUP関数と一緒です。4番目の引数である検索方法も先ほどと同様の扱いとなりますので、説明は割愛します。

先ほどと同様の例で見ると、「田中さんの算数の点数」はHLOOKUP関数でも表すことができます。この場合の検索値は、「算数」が入力されているC1セル。行番号は田中さんの行にあたる「4」となります。

違いは縦に探すか、横に探すか


すでにお分かりの通り、VLOOKUP関数とHLOOKUP関数の大きな違いは「検索する方向」にあります。VLOOKUP関数は検索値を縦に探し、その行にあるセルを認識します。一方、HLOOKUP関数は検索値を横に探し、その列にあるセルを認識します。

ちなみに、VLOOKUPの「V」はVertical(垂直な)、HLOOKUPの「H」はHorizontal(水平な)を意味しており、名前からもそれぞれの特徴がみてとれます。

表やリストは、横長というよりは縦長になることのほうが多いと思います。そのため、使用頻度も横方向に検索をするHLOOKUP関数よりも、縦に探してくれるVLOOKUP関数のほうが高くなります。

新たに登場するXLOOKUP関数


「XLOOKUP関数(エックスルックアップ)」とは、2019年8月28日に発表されたばかりの新しいExcel関数
です。執筆時点ではベータ版のみ一部公開されており、一般に使えるようになるのは2019年後半とのことです。

XLOOKUP関数は引数が3つだけで、縦・横どちらの検索にも対応しています。VLOOKUP関数やHLOOKUP関数よりも機能的に優れているので、今後はXLOOKUP関数が主流になっていくと思われます。

参考URL:XLOOKUP 関数|Microsoft

従来のこの2つの関数はとても便利なのですが、一方で使いづらさもありました。たとえば、列番号・行番号を間違えると正しい結果が得られませんし、検索値は常に左端・上端にないといけません。引数も多くExcel初級者に敬遠されがちです。

【VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の欠点】
・検索値より左の列、もしくは上の行にあるものは探せない(検索値が左端列、上端行にないといけない)
・行番号や列番号を間違えると、正しく結果が得られない
・行、列を範囲内に挿入すると結果が変わってしまう
・検索方法「FALSE」を入れないといけないのが手間 など

 

それらの欠点を解消してくれるのが「XLOOKUP関数」


「XLOOKUP関数」の一番の特徴は、検索結果として指定するセルを範囲指定できる点
です。VLOOKUP関数やHLOOKUP関数では、行番号・列番号を指定しないといけませんでした。それが範囲指定できるようになったので、「番号を間違える」といったミスも少なくなります。

また検索値は検索範囲の一番端にある必要はなく、検索範囲のどこかに含まれていれば問題ありません。この点も大きな特徴と言えます。以下のように、範囲のなかから該当する人を逆引きすることも可能です。

 

まずはVLOOKUP関数・HLOOKUP関数を理解しよう


今後リリース予定の「XLOOKUP関数」。とても優秀なので公開されれば、VLOOKUP関数・HLOOKUP関数にとって代わる存在になることでしょう。

ただ、それまでは当然、VLOOKUP関数、HLOOKUP関数を使うことになります。「VLOOKUP関数、HLOOKUP関数をまだよく知らない」という方は、今からでも関数の使い方をしっかりと理解しておきましょう。以下記事でもVLOOKUP関数について触れていますので、併せてチェックしてみてはいかがでしょうか。

これだけは覚えておきたい!使いこなせると1歩先に進めるExcel関数

【参考記事】
Excel(エクセル)記事まとめ
覚えておけば残業知らず!Excel時短記事まとめ
見づらい資料からサヨナラ!Excel資料作成記事まとめ
覚えて仕事を効率化!Excel関数記事まとめ
PowerPoint(パワーポイント)記事まとめ

page top