【連載】あの人だって元ビジネスマン!芸人 ニューヨーク・屋敷裕政┃会社を辞めた翌日、全身を恐怖に震わせた出来事

今回は、ニューヨーク・屋敷裕政さんが登場! 人気バラエティ番組のテレビマンとして、多忙な日々を経験……。そこは噂通りの業界でした。でも、支えとなったのは数少ない同期の存在でした。

【連載】あの人だって元ビジネスマン!芸人 ニューヨーク・屋敷裕政┃会社を辞めた翌日、全身を恐怖に震わせた出来事

いま、新たな舞台で活躍しているあの人にも、実はビジネスマンとして会社勤めをしていた日々があったそうです。

しかし、なぜ彼らは会社員を続けなかったのでしょうか。ただ単に彼らは向いていなかったのでしょうか。どんなビジネスマンだったのかを訊いてみました――。

今回は、ニューヨーク・屋敷裕政さんが登場! 人気バラエティ番組のテレビマンとして、多忙な日々を経験……。そこは噂通りの業界でした。でも、支えとなったのは数少ない同期の存在でした。

>前編はこちら

ニューヨーク・屋敷裕政
1986年生まれ、三重県出身。NSC東京校15期生。同志社大学経済学部卒業後、テレビ制作会社に就職し、ADとして勤務。『ネプリーグ』『ザ!鉄腕!DASH!!』など人気番組のテレビマンとして活躍するも、芸人を志してNSCに入校する。2010年に同校で出会った嶋佐和也とニューヨークを結成。

 

出勤ラッシュを逆行する絶望感

 

――どんな境遇であれ、会社を辞めるというのはすごく勇気がいると思うんです。その先が芸人となると、さらにハードルが高いですよね。

屋敷:正式に会社を辞めることが決まった翌日、高田馬場の図書館に行く用事があったんです。そのときに何故か、自分以外の人全員が向こうから歩いてきて、僕だけが逆方向に歩いてる錯覚に陥ったんです。そこで「あっ、オレ辞めるんや。普通の仕事を捨てて芸人になるんや」と思った瞬間、恐怖が全身を覆いましたね。

――夢から覚めた感じですか?

屋敷:そうですね。それまでは「芸人になったら楽しいことがあるんやろうな」とか、「バイトとか始めたりして楽しそう」とか、「売れるぞ!」みたいな前向きなことばっかり。でも、あの瞬間、我に返ったのを覚えています。

――その不安はNSCに通われているときもありました?

屋敷:あの高田馬場がMAXでしたね。それ以降は、自己催眠をかけ続けている状態。芸人なんて、「現実のヤバさに気づかないフリ」ができるかどうかなんです。気づいたときは辞めるとき、その感覚は今でもあります。

――AD時代の苦労を考えれば、今の方がましと考えることもありましたか?

屋敷:最初のころはありました。とくに、芸人を目指してバイトを始めたときは、自分はADで鍛えられているから、どんな仕事も止まって見えるだろうと思っていたんです。

――あははは。

屋敷:いざバイトを始めたら、年下の大学生にめちゃキレられたり。そのとき、労働は向いていないと気づきました。

――それはどういうことですか?

屋敷:ADのときは前のめりに働いていたので、仕事を覚えたり、人と仲良くなったりができたんです。でも、金を稼ぐだけモードになると、全然使えないやつに成り下がる。

 

夢の種火が消えない人たちに――屋敷さんが言えること

 

――読者のなかには、夢を追いかけようか迷っている人もいると思います。そういう方々にどんなメッセージを送りたいですか?

屋敷:う~ん……。実は今年、ファンの方とお話しする機会が増えたんです。くじで当たった方と食事をしたり、僕らのYouTube動画を手伝ってくれる方と出会ったり。

その中には色々な人がいて、ある方は高卒でNSCに入って、芸人を1年やって辞めて、そこから予備校に通って国立大学に進学。いまは公務員をされている。早くに夢を諦めたけれど、奥さんと子どもがいて、家もあって幸せな毎日を送っている。一方で、僕と同じ歳くらいでサラリーマンをやっていて、今年結婚して家も買う予定。これまでずっとラジオのハガキ職人を続けていて、いまだに放送作家になろうか迷っている人もいるんです。

――その決断は難しい……。

屋敷:札幌で会った男の子は、大学のラグビー部の元キャプテンで、今は社会人1年目で学校の事務をしている。でも、芸人になろうか迷っていると言うんです。

――かつての屋敷さんと同じ状況ですね。

屋敷:そのときに何も言えませんでした。「うわー」しか言えなかったです。「やったほうがええよ」とも「いやいや、この世界キツいから辞めといた方がええよ」ともよう言わんかったっすね。

――それは、その方の人生だからですか?

屋敷:そうですね。彼は、くじに当たって僕に相談していることが、「神のお告げかもしれない」と言うんですよ。何かしらキッカケがほしい気持ちとか、めっちゃわかるんです。そういうことを信じたくなるのも。だからこそ、余計なことは言えませんでした。

――それぞれが考えて決めるしかない、ということですね。

屋敷:心の底ではやったほうがいいと思いますよ。でも、嫁も家も手に入れたばかりの状況でキッカケを探すと、ヘンなタイミングで動くんじゃないかとか。どうしても心配になってくる。

――軽々しいことは言えないですよね。

屋敷:だって、家を買うなんてすごいことですから。夢の形はさまざま。「やれ」とも「やめろ」とも言えないです。まだ種火みたいなんが消えてない人ってぼくらの年代には多いと思うんです。でも、やっぱりなんも言えませんね……。結局最後に決めるのは自分だと思いますので。

 

―――

この連載では、会社勤めの経験がある著名人に会社員時代のちょっとやんちゃなエピソードを伺っていきます。次回も乞うご期待!


前編:ニューヨーク・屋敷裕政┃個室ビデオ店で流した涙が芸人の道への第一歩

【連載】あの人だって元ビジネスマン!
〇ダニエルズ・あさひ┃破天荒な会社員時代 浮気がバレてホームレス状態になったことも
〇フランスピアノ・山本┃「辞めないでくれ!」先輩のメッセージに応えられなかった9ヵ月間のAD生活
〇フランスピアノ・なかがわ┃ 辞めるときは自分で言うから「芸人になりたかったら早く辞めろ」とか言うな!
〇やさしいズ・タイ┃大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
〇ルシファー吉岡┃会社を辞めるに至った3つの出来事。ピン芸人、ミスチル、○○○!
〇GAG・福井俊太郎┃芸人の夢を語らなかった男がある事件で翌日退職。芸人の道へ

文/富山英三郎 撮影:佐坂和也

page top