【Excel】営業日数を計算したいときに使えるWORKDAY関数

土日や祝祭日を含んだ営業日数をカウントするのはなかなか面倒ですよね。納品や締め切りなど、スケジュール管理はビジネスにとってきほんの「き」。そこで今回は、営業日数を簡単に計算してくれる便利な関数をご紹介します。

【Excel】営業日数を計算したいときに使えるWORKDAY関数

ビジネスシーンでは「営業日で何日」「土日を除いて何日後」といった日付の計算の仕方をよくしますよね。今回は、休みの日を除いて日付の計算をしてくれるMicrosoft Excel(以下、Excel)の関数を紹介します。見積書や請求書、スケジュール管理などで活躍してくれる関数なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

営業日数にまつわる4つの関数



営業日数を割り出せる関数は全部で4
つあります。

WORKDAY関数                         :=WORKDAY(開始日, 日数, [祭日])
NETWORKDAYS関数              :=NETWORKDAYS(開始日, 終了日, [祭日])
WORKDAY.INTL関数              :=WORKDAY.INTL(開始日, 日数, [週末], [祭日])
NETWORKDAYS.INTL関数  :=NETWORKDAYS.INTL(開始日, 終了日, [週末], [祭日])

WORKDAY関数は「土日祝日を除く○営業日後の日付」を算出します。NETWORKDAYS関数は「○月○日~○月○日の間に土日祝日を除く営業日が何日あるか」を算出してくれます。

そして、これらに「.INTL」がつくとまた別の関数になります。WORKDAY.INTL関数とNETWORKDAYS.INTL関数は、土日休みだけではなく定休日を自分で指定することができます。

 

営業日数を計算してみよう!

 

それではWORKDAY関数とNETWORKDAYS関数の使い方をご紹介します。以下の見積り書を例にします。H4セルの「有効期限」、H7セルの「作業日数」が空欄になっていますので、関数を使って計算していきましょう。

 

WORKDAY関数の使い方


H4
セルには「1月10日から5営業日後の日付」を入れたいので、WORKDAY関数を使います。営業日数にまつわる関数を使うときには、まず「祝祭日一覧」を用意します。2020年の一覧は以下の通り。これを見積書の横、もしくは別シートに貼り付けておきます。

2020年祝日一覧
2020/1/1 (水) 元日
2020/1/13 (月) 成人の日
2020/2/11 (火) 建国記念の日
2020/2/23 (日) 天皇誕生日
2020/2/24 (月) 上記振替休日
2020/3/20 (金) 春分の日
2020/4/29 (水) 昭和の日
2020/5/3 (日) 憲法記念日
2020/5/4 (月) みどりの日
2020/5/5 (火) こどもの日
2020/7/23 (木) 海の日
2020/7/24 (金) スポーツの日
2020/8/10 (月) 山の日
2020/9/21 (月) 敬老の日
2020/9/22 (火) 秋分の日
2020/11/3 (火) 文化の日
2020/11/23 (月) 勤労感謝の日

祝祭日一覧を用意できたら、さっそく式を作っていきます。WORKDAY関数は「=WORKDAY(開始日, 日数, [祭日])」で定義されます。

今回の場合は、
開始日:2020/1/10
日数:5
祭日:一覧の範囲を指定
となります。

そうすると「2020/1/20」が結果として表示されます。ちゃんと土日祝日を除いて計算されています。(この場合では、11日・12日・13日・18日・19日が土日・祝祭日)

 

NETWORKDAYS関数の使い方


続いて、NETWORKDAYS関数です。今度は「開始予定日から納品予定日まで営業日数が何日あるのか」を自動計算します。

式は「=NETWORKDAYS(開始日, 終了日, [祭日])」と定義されるので、各値は以下の通りです。
開始日:2020/2/1
終了日:2020/2/10
祭日:一覧の範囲を指定
となります。

そうすると作業日数として「6」という結果が得られました。

 

平日休みならWORKDAY.INTL関数を使う



WORKDAY関数やNETWORKDAYS関数は、休みが土日であるときに使いますが、そうでない場合はWORKDAY.INTL関数、NETWORKDAYS.INTL関数を使います。基本的な使い方は一緒ですが、「週末」という引数が1つ増えるのがポイント。「週末」はどの曜日を定休日にするのかということで、その曜日に対応する週末番号を代入します。下記の表は暗記しなくても、上記の関数いずれかを打ち込めば選択肢が表示されるので簡単です。

=WORKDAY.INTL(開始日, 日数, [週末], [祭日])
=NETWORKDAYS.INTL(開始日, 終了日, [週末], [祭日])

週末番号 週末の曜日
1 または省略 土曜日と日曜日
2 日曜日と月曜日
3 月曜日と火曜日
4 火曜日と水曜日
5 水曜日と木曜日
6 木曜日と金曜日
7 金曜日と土曜日
11 日曜日のみ
12 月曜日のみ
13 火曜日のみ
14 水曜日のみ
15 木曜日のみ
16 金曜日のみ
17 土曜日のみ

上記の週末番号を使う方法以外にも、7文字の数字文字列で定休日を指定する方法もあります。「1」を休み、「0」を営業日として「”0000011”(土日休み)」「”0101000”(火木休み)」として表すことができます。文字列のスタートは月曜日です。

 

関数を使って作業を単純化・効率化しよう!



今回は営業日数にまつわる関数を紹介しました。
いずれも使い方が分かれば、難しいことはありません。その都度カレンダーを見て計算するよりも、圧倒的に作業が楽になりますよ。機会があればWORKDAY関数やNETWORKDAYS関数を使ってみましょう。

【参考記事】
Excel(エクセル)記事まとめ
覚えておけば残業知らず!Excel時短記事まとめ
見づらい資料からサヨナラ!Excel資料作成記事まとめ
覚えて仕事を効率化!Excel関数記事まとめ
PowerPoint(パワーポイント)記事まとめ

page top