「コーヒー1杯分の料金」で利用できるシェアスペースの新しい使い方?