「僕は書くことがとにかく好きだった。その思いに正直に向き合った」―― 編集者 朽木誠一郎氏が語る、“好き”を仕事にするキャリア論