自分にとっての幸せは何かを考える。あくまで選択肢を与える橘氏の文体も読みやすい理由のひとつ